2021.05.27

観天望気で天候を操る!雲の種類編

観天望気で天候を操る!雲の種類編
こんにちは!コピーライター兼登山家の松浦です。
突然ですが、あなたは晴れの日が好きですか?それともどんよりとした曇天、もしくは雨の日が好きですか?

もちろん、その日次第でいろいろ事情はあると思いますが、多くの人は晴れの日が好きだと思います。

もちろん私も朝の陽の光が大好きです!

朝起きてカーテンをサーっと開けると、眩しい太陽の光が降り注ぎ、睡眠状態だった脳を優しく覚醒させてくれます。
そのまま外の空気を吸いたくなって、ガラリと窓を開けベランダへ。

すると目の前には、はるか彼方まで澄み切った雲1つない青空。
良いことが起こりそうな予感がする1日が始まるわけですね。

でも、曇天だったり雨がザーザーと降っていたりすると、なんだか気分も晴れません。
通勤時に傘をささなくちゃいけないし・・・

そんなわけで、毎日の天気は私にとっても、おそらくあなたにとっても非常に大事な要素ですよね?

ただ、この天気という要素、登山では日常生活と比較にならないほど重要な要素となってきます。

晴れの日ならばもちろん問題ありませんが(季節によっては日焼け対策が必要ですが)、雨が降ってくると当然登山道はぬかるみます。
すると足を取られやすくなり、転倒の原因にもなります。
また、雨で濡れた岩は滑りやすくなり、登山家の行く手を阻みます。

雷雨に遭遇してしまうと、それこそ命にかかわります。

そして何より、山での天気は極めて変わりやすく、ネットやテレビの天気予報をあてにすることが出来ないのです。

そんな中ベテラン登山家は、天気予報に頼らない独自の天候予測技術を持っています。その技術を観天望気と言います。

今回の記事では、その観天望気についてあなたにお話しようと思います。

観天望気の利点は、ネットですら不可能なほどピンポイントで天候の予測が可能になるということです。

あなたが今いる場所、その場での天候予測が可能になれば、日常生活でも有効に活用できます。

山では、場合によってはあなたの命を救う技術になります。

この記事を読んで、観天望気をあなたのものにしてみてはいかがですか?

観天望気と雲

あまり聞きなれない言葉だと思います。

"観天望気(かんてんぼうき)"とは
雲の種類、形、量に加えて気温変化や風向きなどで
局地的な天気を事前に予測することを言います。

普段、あなたは天気の状態を予測するとき、どういった行動をとりますか?
おそらくはスマホで天気予報を見るのではないでしょうか?

以前の記事でも言いましたが
山自体の地形が大気の状態を不安定にし
通常の、つまり平地での天気予報が通用しません。

従って、山では
あなた自身が自ら天候を予測する必要があるのです。

もしあなたがこれを身につけることができれば
事前に天候の崩れを予測することができるのです。

しかも、天候だけでなく
その雨量、風を伴う雨、雷の発生の予測も可能となり
天候による登山中の危険を何度も回避することができます。

登山初心者からすると
あなたがまるで”天候を自在に操っている”ように見えるはずです 笑

ただ・・・です。

身に付けるには、かなりの経験が必要になってきます。

本来ならば
何度も山に登って、雲を観察し
読み間違えて雨に降られるなどして
数年がかりで徐々に身につく技術です。

私自身まだまだ
完全に身に付けた技術というわけではなく
もっともっと経験が必要です。

しかし、それでも以前と比べると
格段に正確に山の天候を予測できるようになりました!

もちろん、それで雨を回避できたことは
1度や2度ではありません。
何度も危機を回避し
雨でも快適登山を楽しむことができるようにもなったのです!

そんな唯一無二の山の天候予測技術である観天望気
ほんの基本ですが
ここであなたにシェアしたいと思います!

より詳しい内容は
コンテンツとしてあなたにシェアしようと思いますので
もうしばらくお待ちください。

まず、なぜ山は天気が変わりやすいのか?
ということを順を追ってあなたにシェアしますね。
”観天望気”の第一歩は
”雲の種類”を覚えることから始まります。

なぜ山の天気は変わりやすいか
言い方を変えると
なぜ山の天気は崩れやすいか

前の記事で
山自体の地形、つまり八の字の形が
その原因となっていると言いました。

そして
低気圧の特徴も言いましたよね。
低気圧から上昇気流が発生し
上層で水蒸気が凝結して雨雲となる・・・

この現象が
実は山で発生するのです!

つまり
麓から湿った空気が山に向かって吹き込むと
その空気は山の斜面を駆け上がって
頂上付近で水蒸気が凝結して雨雲となる・・・

どうですか?
低気圧の特徴とほとんど同じと気づきましたか?

簡単に図にするとこんな感じです。
これが
山の天気が崩れやすい、そして
山自体が低気圧と言われる原因の1つなのです!

観天望気に必要な雲の知識

気圧や気温、湿度そして地形など
様々な要因で空に発生する雲

雲の発生により、天気の崩れが生じます。

ただ、空に発生する雲の全てが
雨や雪、雷の原因となるわけではありません。

どのくらいの高さの雲か
どんな形の雲か
どんな大きさの雲か
どんな条件で発生した雲か
などなど・・・

天候の予測には
雲を見極める必要があるのです。

しかし、この記事は
気象予報士の受験対策用の記事ではありません 笑

空に浮かぶ多種多様の雲の全てを
覚える必要などありませんし
私も知りません・・・

登山中の天候の予測で
必要な雲の種類は限られてきます。

その雲の種類と
それぞれの雲の特徴がわかれば
あとは、あなたが実際に山に登って
あなた自身の目で雲を観察すれば良いのです。

基本さえ分かっていれば
ある程度の予測はできてしまいます!

観天望気に必須、雲の種類

では基本となる雲の種類、特徴をシェアします。

これが、基本となる雲の種類、そしてその高さです。
●上層雲(5000〜13000m)・・巻雲 巻積雲 巻層雲
●中層雲(2000〜7000m)・・高積雲 高層雲 乱層雲
●下層雲(地上〜2000m)・・層積雲 層雲 積雲 積乱雲
 

上層雲は晴れの日によく見られる雲です。
雨を降らすことはありません。

中層雲は雨の前兆、もしくは雨を降らす雲となり
登山中は要注意です。

下層雲はそれだけで天候の崩れの原因となることは
少ないのですが、気温や気圧、風向き次第では
中層雲へと発達し、雨の原因となるので注意が必要でしょう。

山で天候を予測するには
ひとまずこれだけの種類の雲を抑えておけば
知識としては十分です。

あとは
それぞれの雲の特徴を抑えれば
より的確で正確な天候の予測が可能となるでしょう。

ここで1つ例を出しましょう。


〜あなたは今
1200m級の山の登山中で
ちょうど900m付近で休憩中です。

あなたが休憩しているその場所は
山の斜面の平地が一望できる絶景ポイント!

あなたは絶景を眺めながら、ホッと一息しています。

そして
この休憩明けで2時間も歩けば山頂に到着!
という場面です。

そろそろ登頂するか!
とあなたが立ち上がり再び歩き始めたその時
何やら湿った空気が吹き抜けていきました。

遠くの空を眺めると、晴れ間が見えて
平地ではどうやら雨の心配ななさそうです。

ただ、もうすぐ到着する予定の頂上付近を見上げると
少し霧がかかっているような・・・

とはいえ
ここまできて引き返す気にもなれないあなたは
気にせず、登頂を目指し歩きました。

ところが、登頂まであともう少し!
というところまで来てポツポツと雨が降り出しました。

あなたは慌ててザックからレインウェアと取り出し
雨に備えました。

雨の中視界も悪く、登山道にも水たまりができて
登山靴も濡れてしまいましたが
その後、なんとか登頂!!

さっきの休憩中はあんなに晴れてたのになあ・・

と、まだ止まない雨の中、山頂からの絶景を見渡すと
なんと平地では晴れ間が広がっていたのでした・・・〜


この例は
先ほども言った湿った空気が山の斜面を駆け上がって
山頂付近で水蒸気が凝結し、雨雲となった典型例です。

もちろん
ただポツポツと雨に降られるだけならば
レインウェアを着ればいいのです。
時間もかかりません。

ただ、予想外の暴風雨や雷が伴うと
一瞬の判断ミスが命取りになることも
十分にあり得るのです。

そのため
この記事を読んでくれているあなたには
ぜひ観天望気を身につけていただきたいと思います。

次回はそれぞれの雲の特徴について
より詳しくシェアしますね。

ハイキングツアー参加ご予約・お問い合わせ

ハイキングツアーへの参加に関するご相談はお気軽にご連絡ください。