2021.07.07

登山用ヘルメット装着をおすすめ

登山用ヘルメット装着をおすすめ
こんにちは!管理人の松浦です。
今回はヘルメットについてお話します。あなたや私の命を守るヘルメットですが、正直なところ装着がめんどくさかったりしますよね?

そこで、それでも登山家がヘルメットを装着する理由、そしてあなたも装着したくなるようなオシャレなヘルメットをご紹介します。それではどうぞ!

登山の服装を最優先に考える

これまでの人生で3度に渡りヘルメットに命を救われた男・・・それが私です。
その時の状況はこちらの記事に詳しく記しました。

要所要所で装着をおすすめしたい登山用ヘルメット

そんなわけで、世界広しといえど私ほどヘルメットの重要性を認識している人間はそうそういないと思っています。

そんな私が「ヘルメットは大事だっ!」と言えば、普通の人が言うよりちょっとは説得力があるかもしれません。いかがでしょうか?笑

ヘルメットはあなたや私の命を守る超重要アイテムです。もはや、なぜ必要か?などと議論の余地もありません。

バイクに乗るときはヘルメットをしなければ違反切符を切られますし、そうでなくともヘルメットなしでのバイクの運転は自殺行為と言ってもいいでしょう。
工事現場に一歩足を踏み入れたら、必ずヘルメットを装着しなくてはなりません。
最近では、自転車でもヘルメットの装着が義務化されてつつあります。
それだけあなたや私の生活に浸透しつつあるヘルメット、もちろん登山の世界でも超重要アイテムです。

登山用ヘルメット装着をおすすめする理由

山でヘルメットを装着する理由がこれです。

●落石などの落下物から頭部を守るため
●滑落や転倒時に頭部を守るため


また、私の経験上こういう役割があることもわかりました。

●雪崩遭遇時に頭部を守るため

もちろんこれは主に雪山登山でのことですが、仮にあなたが雪崩に巻き込まれた時、雪崩の持つ凄まじいエネルギーに巻き込まれてあなたは雪と共に斜面を流されます。抗うことなどできません。

この時、あなたは雪崩の凄まじい力で何度も何度も身体を叩きつけられながら、斜面を流されていくことになるのです。

もしヘルメットをしていなければ、あなたは頭部を守ることができず、頭部に重大な損傷を追うことになる可能性があるのです。

雪崩に巻き込まれた私

実際に、私は数年前雪崩に巻き込まれたことがありました。この時、手持ちの登山アイテムをいくつか失い腕に打撲を負いましたが、それ以外に怪我らしい怪我はしませんでした。

これは頭にしっかりとヘルメットを装着していたことが本当に幸いしたのです。その証拠に、ヘルメットにはいくつかの損傷の跡がありました。この時もし、私がヘルメットを装着していなかったら、ただでは済まなかったはずです。

もちろん平らな丘陵地や里山のハイキングでヘルメットを装着する必要などありませんが、初めて挑戦する山に登る時は、ザックにヘルメットを収納しておくことをおすすめします。そして、必要に応じて頭に装着してくださいね。
かつて登山靴、ザック、レインウェアは登山の3大装備と言われていました。

昔は登山道具が今ほどたくさんなかったため、この3つが絶対に必要と言われ、逆に他がなくともこの3つさえあればなんとかなるとも言われていました。

これら3つと同じくらい、むしろそれ以上に登山の服装は重要です。

登山は天候次第で一日中雨の中を歩くこともあり、強風にさらされ続けることもあり、夏に寒さを感じることもあり、晴れの予報で大雨に見舞われることもあり・・・とにかく過酷です。そんな過酷な状況でも快適に過ごす鍵となるアイテムが服装なのです。

季節や気象条件にマッチした服装であれば、驚くほど快適に登山を楽しむことができる一方、服装を間違えればこの上なく不快です。

では、季節や気象条件にマッチした服装とはどんな服装なのか?

その答えは、実は登山ショップに行けば判明します。登山ショップには登山に適するようにと考案された機能的な服が山のようにあります・・・があまりにも多すぎて結局どれがいいかわからなくなるはずです。それに何と言っても高価です。

[わたし]
登山をするなら多少高額でも頑張って買ってください。決して無駄にはなりません!

などと私が言ってしまうと、あなたはきっと登山を諦めてしまうでしょう。

ここからは、あなたが自宅に持っている服をどのようにコーディネートすれば登山で使える服になるか、そして最低限どれを買えばいいのかを解説しようと思います。

これであなたは最少限の出費で高機能な登山服を揃えることができるはずです。

登山用ヘルメット装着はおすすめではなく義務?

日本でも有数の山岳地域である長野県。その広範囲に渡る山岳域を管轄する長野県警では、登山時のヘルメット装着をおすすめ、いや実質
【警官】
装着しなさい!

と言っています。
南アルプスの穂高連峰では、定期的に長野県警による山のパトロールが行われます。
このパトロール隊、登山客の身の危険を感じた時はもちろん救助しますが、登山客の危険行動や装備不足を発見した場合は容赦なく叱ります。

ある日の登山で私は、ヘルメット無しで登ってきた若い登山客がパトロール隊に見つかり
【救助隊】
何でヘルメットなしでこんなところまで登ってくるんだっ!君は死にたいのかっ!

とこっぴどく叱られているところを見たことがあります。

若さゆえの油断だったとは思いますが、確かに何かあってからでは遅い!!私は心の中でそのパトロール隊に拍手を送りました 笑

ただ・・いくら安全のためと言っても、どんな山でも必ずヘルメットを装着しなさいと言うわけにはいきません。山によっては安全な、それこそ里山を歩くようなルートもちゃんとあるのですから。

そこで、長野県警のホームページで、ヘルメットを装着すべき山域を指定しています。こちらです。
また、ヘルメットが登山家の命を救った貴重な実例を紹介してくれています。
このように、ヘルメットの装着が登山家にとっていかに大事かということを是非とも覚えておいていただきたいと思います。
上の表にもありますように、ヘルメットの貸し出しを行っている山小屋もあります。
しかし、ヘルメットはあなたの命を守る極めて重要なアイテムです。できれば購入しましょう。

登山用ヘルメット、おすすめを選ぶ

そんな登山用ヘルメット、実は各メーカーが様々なヘルメットを販売しています。その中からどう選べばいいのか?それをシェアします。


|あなたの頭にフィットしているか
ヘルメットは場合によっては、長時間かぶることになります。そのため、あなたの頭のサイズや形にピッタリ合っているかが最も重要な基準となるでしょう。登山ショップに行けば、多くの登山用ヘルメットが展示されています。実際に装着してみて、あなたに合った一品を見つけましょう!


|安全基準を満たしているか
登山用ヘルメットであればなんでもいい、というわけではありません。登山用のヘルメットとして一定の基準を満たしたものを選びましょう。一定の基準とはこの2種類です。

●EN12492 ヨーロッパ規格
●UIAA106 国際山岳連盟規格

ただ、安全基準については登山ショップで取り扱っているものならばほとんど基準を満たしているはずなので、これについてはあまり気にする必要はありません。


|ジャケットのフードとの相性
登山用ヘルメットは、ただ被れたらいいというものではありません。場合によっては、ヘルメットの上からジャケットのフードをかぶることもあります。そんな時、無理なくフードをかぶることができるかということも確認していきましょう。ヘルメットの上からフードをかぶり、さらにジャケットのチャックを一番上まで締めることができればオッケーです。


|通気性
いくら安全のためとはいえ、ヘルメットを被ったままで頭が蒸れてしまうと快適とはいえません。そこで、できるだけ頭皮からの湿気を逃すような工夫が成されているヘルメットを選びましょう。長時間かぶることを考えるとかなり重要な要素と言えます。

|重量
言うまでもありませんが、ヘルメットは軽いに越したことはありません。
平坦な道だとザックに括り付けておくこともあるので、出来るだけ軽量なものを選びましょう。


|ヘルメットの素材
ヘルメットの素材は大きく2種類に分けられます。

●ハードシェル
全体が硬質のプラスチックで構成されたヘルメットです。
工事現場用のヘルメットがこのタイプです。薄くてコンパクトですが、比較的重量があります。
●インモールド
密度の高い発泡スチロールのような樹脂を硬質のプラスチックでコーティングしたヘルメットです。
自転車用ヘルメットがこのタイプです。ハードシェルと比較すると軽量ですが、厚みがあります。また、通気性を確保しやすいという特長があります。
当たり前ですが、季節ごとに登山の服装はガラリと変わります。

普段の生活で、あなたが服装を間違えることはあまりないと思いますし、間違えたとしても大して影響はありませんよね。

ただ、これが登山だと影響は結構大きくなります。できれば、全く着ない服をザックの中に詰め込みたくありませんし、服が足りなくてガタガタ震えるような事態は絶対に避けたいですよね。

ただ、山の気温は平地とは全く異なるので、平地の感覚で服装を決めてしまうと失敗してしまいます。

そこで、季節ごと、標高ごとのそれぞれ適した服を早見表にまとめてみました。あなたの快適登山のお役に立てていただければうれしく思います。
この表をもとに、それぞれの季節、それぞれの山の標高ごとに登山スタイルのコーディネートしてみるとこんな感じになります。
*プリントアウト用ファイルはこちらです。

もちろんこれはあくまでも一例で、最近はもっとおしゃれに登山を楽しむ人が増えています。

特に若い女性の登山家のみなさんは本当におしゃれで、山でそんな女性を見かけるとそこだけがパーっと一面のお花畑になったような雰囲気になります。

ぜひあなたも上の表をを参考にして、おしゃれに快適に登山を楽しんで頂きたいと思います。

登山用ヘルメット これがオススメ

さて、ではどんなヘルメットがあってどれを選べばいいか。登山用ヘルメットは各社が様々販売していますが、まずはハードシェルとインモールドでどちらを選ぶかを決めましょう。あとは実際にあなたが登山ショップに行って好きなデザインのものを選んでください。数ある商品の中からほんの一部だけここで紹介します。


|ハードシェルのヘルメット
ハーフドーム(ブラックダイヤモンド)
アルパインクライミング、トラッドクライミングなどオールラウンドに使える、コストパフォーマンスにも優れたヘルメット。ベイパーやベクターと異なり、ABS樹脂のシェルにEPSフォーム材を接着したハイブリッド構造を採用しています。後部に素速くサイズ調整できる大型のダイヤルアジャスターを装備。


SKYWALKER2(マムート)
極めて頑丈なプラスチック ハードシェルで人間工学に基づいて作られた、通気性の良いクライマーヘルメット。 サムホイールで素早く、片手で調整可能。 強化されたEPSインナーを使用して新しくなり、より長持ちするようになりました。


トランゴ(モンベル)
後頭部に簡単にフィット感を調節でき、額に柔らかい形状記憶パッドを備えたクライミング用ヘルメットです。ほどよいベンチレーションを備え、高強度素材を採用したハードシェルタイプで、耐久性に優れます。アジア人にぴったりフィットします。


|インモールドのヘルメット
ベクター(ブラックダイヤモンド)
ポリカーボネイトシェルとEPSフォームを一体成型した超軽量ヘルメット。前後に大型ベンチレーターを合計8カ所備え優れた通気性を発揮。ヘッドランプクリップはシェルと一体化されており、しっかりと固定できます。S/MとM/Lの2サイズがあり、ラチェット式アジャスターにより素速いサイズ調整が可能です。


Rock Rider(マムート)
さまざまな用途に適した非常に軽いインモールドのクライミング ヘルメットです。スポーツ クライミングから高山のマルチピッチ ルートまで、またクラシックな高地ツアーからアイスおよびミックス クライミングまで – このヘルメットはあらゆる地形で素晴らしいパフォーマンスを提供します。16個の開口部とヘルメット内のエア チャンネルにより、激しいクライミング ルートでの最適な温度を確保します。多目的で、調整できる着用システムにより、パーフェクトなフィット感と快適さを約束します。岩場までの簡単な搬送のために、調節システムはヘルメットのシェル内に折り畳むことができます。山の中を早朝に出発する場合は、Rock Rider の4つの安定クリップを使用すると、ヘッドランプを安全かつ確実に取り付けることができます。

ワイルドカントリー(モンベル)
ポリカーボネイトと発泡ポリスチレンによる一体成形の超軽量スポーツクライミングヘルメット。チンストラップにマグネットバックルを採用しているため、片手で装着ができ、扱いやすいモデルです。ヘッドバンドや小型アジャスターといった調節機能を搭載。

ハイキングツアー参加ご予約・お問い合わせ

ハイキングツアーへの参加に関するご相談はお気軽にご連絡ください。
2021.07.01

厳選された日帰り登山の持ち物

厳選された日帰り登山の持ち物
こんにちは!コピーライター兼登山家の松浦です。

春を迎えたと言っても、特段代わり映えしなかった私の私生活。そんな生活に終止符を打つべく、始めたこと。それがボルダリングです。

登山技術の1つとしてどうしても身につけたかったボルダリング。なかなか一歩を踏み出せずにいましたが、あることをきっかけについにボルダリングの世界へと足を踏み入れました!

そんな私のお話です。それではどうぞ!

日帰りの登山の持ち物が基本となる

「何事においても基本が大事!」

改めて私が言う必要もなく
一般的によく言われていることです。

もちろんあなたも
よくお分かりでしょう。

私は小学生の時
地元の野球チームに所属していたことがあり
野球が大好きです。

残念ながら、最近は野球どころか
キャッチボールすらやる機会がありませんが・・・

その野球チームに所属してすぐ
指導者からはひたすら
ボールを投げること、キャッチすることを
徹底的に教え込まれました。

つまり、キャッチボールです。

どう投げれば思い通りのところに
投げることができるか
そして
どうグローブを構えれば
うまくボールをキャッチすることができるのか

指導者の教えを受けながら
キャッチボールを繰り返し
次第に上手にキャッチボールができるように
なっていったのです。

今、プロ野球選手として活躍している
どんな一流選手でも
スタートは私と同じはずです。

そして、それは
登山でも全く同様なのです。

登山の最も基本となる工程は
日帰り登山です。

その日帰りの登山の持ち物こそ
登山の最も基本となる準備品のはずなのです。

そんな日帰り登山の持ち物について
ここであなたにシェアします。

日帰り登山の持ち物を厳選

私が登山を始めて約10年。

私が登山初心者だった頃は
日帰り登山にもかかわらず
60Lサイズのザックに持ち物を
パンパンに詰めていました。

当然ザックの重量は重くなり
しかも、ザックの中に詰めた持ち物の90%は
山で使うことはありませんでした。

それでも当時の私は
「登山とはそういうもんだ」
と、そのことを疑問にすら思いませんでした。

しかしある時、登山雑誌で
「ウルトラライト(UL)」という考え方を知り
私のこれまでの登山の持ち物に対する考え方が
変だったことに気がついたのです。

*ウルトラライト(UL)についてはこちら↓
・ウルトラライト登山でザックの中身を最適化 
・ウルトラライト登山で道具を知り尽くす
・ウルトラライト登山で道具を自由に自作
・ウルトラライト登山をあなたに指南

それ以降
これまで当たり前のようにザックに詰めていた
持ち物を見直したのです。

これまでの日帰り登山で
ザックに詰めた荷物を
・全く使ったことがないもの
・1〜2度くらいしか使ったことがないもの
・割と使用頻度が高いもの
・山で必ず使うもの
の4種類に分け、その中から

・全く使ったことがないもの
・1〜2度くらいしか使ったことがないもの
をザックから出すことにしたのです。

それだけで
ザックの重量は半分ほどになったのです。

ある日、試しにその荷物で
日帰り登山をしてみましたが
全く困ることはなく、また
快適性も保たれたままでした。

ただ、登山の持ち物の中には
全く使うことがなくとも
緊急時に必要となるものも含まれます。

そのため、使わないからといって
ザックから出してしまうと
安全性が損なわれることもあるのです。

その点も加味しつつ、持ち物を
・絶対に必要なもの
・ないと快適性が損なわれるもの
・緊急時に絶対に必要なもの
の3項目に絞り、厳選に厳選を重ねて

日帰り登山の持ち物として
ザックに入れるべきもののリストを作り上げたのです。

今回そのリストをあなたに
シェアいたします。

この持ち物を準備しさえすれば
必要最低限の荷物でかつ
楽しく快適な日帰り登山をすることが
できるはずです。

日帰り登山の持ち物リスト

・トレッキングシューズ
ザックに入れるものではありませんが
登山では専用のシューズが非常に有効です。

・ザック
日帰り登山では30L〜40Lのサイズが
適正です。
「登山道具の代表格ザック!そのサイズについて」

・ザックカバー
突然の雨からザックを守るためのものです。

・レインウェア
前日の天気予報が晴れだったとしても
山の天気は変わりやすいので必ず携帯してください。
雨対策だけでなく、少し肌寒い時の防寒用でも使えます。

・山地図
山には道路標識も看板もありません。
必ず携帯してください。
昭文社「山と高原シリーズ」がオススメです。
「すべての登山家必携!山地図の読み方をあなたに伝授!」

・コンパス
山地図と合わせて使用するものです。

・水筒+飲料水
夏の登山では多めに持っていく必要があります。
「あなたの登山スタイルに欠かせない一品!水筒!」

・行動食
スニッカーズやカロリーメイト、おにぎりなど
手軽に食べれるものが便利です。
「あなたの重要なエネルギー供給源!行動食!」

・ビニール袋
スーパーのもので間に合います。登山中に出たゴミを
持ち帰るためのものです。

・タオル
汗拭きや日除け、万が一の怪我の時など、1枚あれば
非常に便利ですが、夏の登山では2枚あったほうが無難です。

・保険証コピー
万が一の時、最寄りの病院に駆けこめるように
必ずザックに入れてください。

・下着の着替え
汗をかいた時に着替えることができます。

・スマホ等通信機器
いざという時の通信手段として必ず必要です。

・登山計画書
3枚コピーし、2枚は警察署と身内に渡し
残りの1枚は自分で持っておきましょう。
「熟練登山家への王道!登山計画書!」
「登山計画書、王道の書き方」

・トレッキングポール
歩行時の脚の負担を軽減させる効果があります。

・ゲーター
トレキングシューズへの雨や小石の侵入を防ぎます。

・ウエストポーチ
歩行中に頻繁に使用するものや貴重品等を収納できます。

・軽アイゼン
春とは言え、標高の高いところでは雪が残っています。
そこでこれを装着すれば、残雪も安全に歩くことができます。

・手袋(軍手でオッケー)
主に下山時、樹木を歩行の支えとすることがあります。
その時、手袋を装着して入れば棘を防止できます。

・カメラ
山でしかお目にかかれない壮大で美しい景色を
記録します。場合によっては、カメラ撮影が主目的とも
なり得ます。

・サングラス
直射日光からあなたの目を守ります。

・帽子
日焼け防止に必須です。

・携帯トイレ
トイレを備えている山もありますが
マナーとして持っておきたい道具です。
「マナーを守って正しい山トイレ」

・ミッドレイヤー
春とは言え、標高が高いところではまだまだ肌寒く
汗で身体を冷やしてしまいます。
レインウェアでも代用できますが
できれば1枚余分にフリースなどを準備しておけば
より快適に山を楽しめます。

・双眼鏡
野鳥や野生の動物の観察するとき
持っていれば重宝します。

繰り返しますが
これだけの持ち物を準備すれば
必要最低限の重量でしかも
楽しく快適な登山になるはずです。

是非とも参考にしてください。

ただし・・・です。

私が厳選に厳選を重ねたこの持ち物リストにも
通用しない季節があります。

それは冬、つまり雪山登山です。

春夏秋の登山と、冬の登山は
全く別物です。

雪山登山の持ち物については
また別の機会にあなたにシェアしますね!

ハイキングツアー参加ご予約・お問い合わせ

ハイキングツアーへの参加に関するご相談はお気軽にご連絡ください。
2021.07.01

登山の持ち物 春編

登山の持ち物 春編
こんにちは!コピーライター兼登山家の松浦です。

春を迎えたと言っても、特段代わり映えしなかった私の私生活。そんな生活に終止符を打つべく、始めたこと。それがボルダリングです。

登山技術の1つとしてどうしても身につけたかったボルダリング。なかなか一歩を踏み出せずにいましたが、あることをきっかけについにボルダリングの世界へと足を踏み入れました!

そんな私のお話です。それではどうぞ!

春の登山の持ち物とは?

本日、2017年5月6日、春本番です。
そしてゴールデンウィークです!

今年のゴールデンウィークは
ちょっと暑いのですが
天候も良くとても気持ちの良い日が
続きます。

「せっかくこんな気持ちのいい日だから
山でも行こうか!」

登山に慣れていれば
こんな感じで気軽に山へと出かけることができます。

私も山に登り始めて約10年
多少のブランクはあったものの
ベテラン登山家を名乗っても許される立場です。

だから
気が向いた時に、または
休みの日にフラッと山へ!

そんなことができるのです。

ただ
登山初心者のあなたは
山へ行くとなると
何を準備したらいいのか
どんな服装が適当なのか
どこの山へ行けばいいのか
などの準備が大変だろうと思います。

そんなあなたのために、まずは
春の登山の持ち物についてシェアしたいと思います。

これさえ読めば
気が向いた時にフラッと山へ!
そんなことが可能になるはずです!

春の登山の持ち物・必須の道具

まずは
山ではこれが絶対に必要!
というものがあります。

これらは
いつの季節に登ろうが
どの山に登ろうが
必ずザックの中に入れておくべきものです。

私の場合、これらの持ち物は
常にザックに入れており
登山準備の効率化を図っています。

・トレッキングシューズ
ザックに入れるものではありませんが
登山では専用のシューズが非常に有効です。

・ザック
言うまでもなく、必要です。
登山計画次第でサイズを使い分けます。
「登山道具の代表格ザック!そのサイズについて」

・ザックカバー
突然の雨からザックを守るためのものです。

・レインウェア
前日の天気予報が晴れだったとしても
山の天気は変わりやすいので必ず携帯してください。
雨対策だけでなく、少し肌寒い時の防寒用でも使えます。

・山地図
山には道路標識も看板もありません。
必ず携帯してください。
昭文社「山と高原シリーズ」がオススメです。
「すべての登山家必携!山地図の読み方をあなたに伝授!」

・コンパス
山地図と合わせて必ず必要です。

・水筒+飲料水
喉が乾く前に、水分補給をしてください。
「あなたの登山スタイルに欠かせない一品!水筒!」

・行動食
スニッカーズやカロリーメイト、おにぎりなど
手軽に食べれるものが便利です。
「あなたの重要なエネルギー供給源!行動食!」

・ビニール袋
スーパーのもので間に合います。登山中に出たゴミを
持ち帰るためのものです。

・タオル
汗拭きや日除け、万が一の怪我の時など、1枚あれば
非常に便利です。

・保険証コピー
万が一の時、最寄りの病院に駆けこめるように
必ずザックに入れてください。

・下着の着替え
汗をかいた時に着替えることができます。

・スマホ等通信機器
いざという時の通信手段として必ず必要です。

・登山計画書
3枚コピーし、2枚は警察署と身内に渡し
残りの1枚は自分で持っておきましょう。
「熟練登山家への王道!登山計画書!」
「登山計画書、王道の書き方」

(一覧表はこちらです)

あなたが例え
登山を全くしたことがなかったとしても
これだけあれば
ひとまず山で困ることはありません。

逆に言えば
これらのうち1つでも欠けると
山で何らかの支障をきたすことになります。

私の場合
これらを常にザックの中に収納しています。
そうすることによって
登山の準備にかかる時間を最小限に抑え
より気軽に山へと出かけることができるのです

春の登山の持ち物・これで楽しく快適に

あとは
その都度必要と思ったものを追加します。

そう!やはり必要最低限のものだけでは
楽しく快適な登山とは言えません。

そこで
これがあれば登山がより楽しく快適になる
というものを、あなたにシェアします。

・トレッキングポール
歩行時の脚の負担を軽減させる効果があります。

・ゲーター
トレキングシューズへの雨や小石の侵入を防ぎます。

・ウエストポーチ
歩行中に頻繁に使用するものや貴重品等を収納できます。

・軽アイゼン
春とは言え、標高の高いところでは雪が残っています。
そこでこれを装着すれば、残雪も安全に歩くことができます。

・手袋(軍手でオッケー)
主に下山時、樹木を歩行の支えとすることがあります。
その時、手袋を装着して入れば棘を防止できます。

・カメラ
山でしかお目にかかれない壮大で美しい景色を
記録します。場合によっては、カメラ撮影が主目的とも
なり得ます。

・サングラス
直射日光からあなたの目を守ります。

・帽子
日焼け防止に必須です。

・携帯トイレ
トイレを備えている山もありますが
マナーとして持っておきたい道具です。
「マナーを守って正しい山トイレ」

・ミッドレイヤー
春とは言え、標高が高いところではまだまだ肌寒く
汗で身体を冷やしてしまいます。
レインウェアでも代用できますが
できれば1枚余分にフリースなどを準備しておけば
より快適に山を楽しめます。

・双眼鏡
野鳥や野生の動物の観察するとき
持っていれば重宝します。

(一覧表はこちらです)

これらの道具は
必ず必要となる道具ではありませんが
あれば登山をより楽しく快適にしてくれます。

山という非日常の世界を楽しむには
やはり道具は
多種類持つに越したことはありません。

しかし
あまりに多く持ちすぎると、ザックが重くなり
登山が楽しく快適でなくなってしまいます。

ここであなたにシェアした道具は
どんな登山でも通用するが
決して重すぎない
私の長年の経験により考え出した
絶妙なバランスを保った道具一覧です。

是非とも、これを参考にして
あなたの楽しく快適な登山の
助けにしていただければと思います。

ハイキングツアー参加ご予約・お問い合わせ

ハイキングツアーへの参加に関するご相談はお気軽にご連絡ください。
2021.07.01

登山の持ち物を極限まで厳選!

登山の持ち物を極限まで厳選!
こんにちは!コピーライター兼登山家の松浦です。

春を迎えたと言っても、特段代わり映えしなかった私の私生活。そんな生活に終止符を打つべく、始めたこと。それがボルダリングです。

登山技術の1つとしてどうしても身につけたかったボルダリング。なかなか一歩を踏み出せずにいましたが、あることをきっかけについにボルダリングの世界へと足を踏み入れました!

そんな私のお話です。それではどうぞ!

登山の持ち物について

雲ひとつない青空のもと
カフェでコーヒー片手にこの記事を
書いている私。

本来ならば
山に登りたいところですが
所用のため断念しました。

本日、2017年5月2日
ゴールデンウィーク真っ只中です。

「人が最も心地よいと感じる気候と気温、湿度とは?」

そんな問いに対する答えが
まさに今日、この日だといっても
過言ではないくらいの素晴らしい日です。

こんなにも心地よい日に山に登ったら
最高のゴールデンウィークになるのにっ!

この記事を読んでいるあなたならば
私と同じことを考えているのではないでしょうか?

そんなあなたのために
今日は登山の持ち物について
お話ししていこうと思います。

登山の持ち物は要不要のバランス!

「ねえ、もし無人島に何か1つだけ持っていけるとしたら
何を持っていく?」

よくある心理ゲームですね。
いざ考えてみるとかなり迷ってしまいます。

実際、私はどこかの会社の面接試験で
課題として出されたことがあります。
意図はわかりませんが・・

この時に私がどう答えたかは
忘れてしまいましたが
今の私ならば「ナイフ」と答えます。

ナイフが1本あれば
木を切っていろんな道具を作ることができるし
木の実を削ることもできる
魚をさばくこともできる・・・

あなたの答えは何でしょうか?

実は、登山の持ち物は
この質問に答えるくらいに
しっかりと考える必要があるのです。

もちろん、先ほどの心理ゲームのように
たった1つまで絞り込む必要はありませんが

無駄なものを一切省いた上で
絶対に必要なものだけをザックに入れる・・

登山の持ち物には
その絶妙なバランスが必要なのです!

登山の持ち物の90%は使わない!

登山初心者だった頃の私は
使うかもしれないと思ったものは何でも
ザックに詰め込んでいました。

着替えやタオル、レインウェアはもちろん必要なのですが
テントやツェルト、ストーブ、コッヘル、食料
1Lサイズの水筒を2本などなど・・・

60Lのザックがパンパンになるまで詰め込み
30kg近くの重量になってしまいました。

しかも雪山だったとはいえ日帰り登山です。

登山を終え
帰宅してザックの中のものを出してみると
準備段階で詰めた持ち物が
そのまま出てきました。

使ったのは水1Lと食料半分だけ・・・
ザックの中身の90%は
一切使いませんでした。

もちろん
いざという時のために登山の持ち物は多い方が良い!
という考え方もよくわかります。

しかし・・・

使いもしない荷物をザックに入れ
ハアハアゼイゼイ言いながら
ひたすら頂上を目指す・・・

空手部の合宿ならば
それもありかもしれませんが

そんな登山が果たして快適でしょうか?
あなたはそんな登山を楽しめますか?

厳選に厳選を重ねた登山の持ち物とは?

初めての登山から約10年。その間
いくつもの山を制覇し
荷物の量は徐々に厳選されてきました。

これは結局いらない!
この道具はこっちと併用できる。
これは毎回使うので絶対に必要!

そんな風に登山の持ち物を厳選した結果

・どんな登山でも必ず必要!
・あれば非常に便利!
・山の調理器具及び食品
・テント泊ではこれが必須!
・マナーのある大人の嗜好品
・雪山登山特有の道具

という6種類の「登山の持ち物リスト」に
集約するに至りました!

例えば
今のような春の暖かい季節に
軽いハイキングのような
日帰り登山をするならば
・どんな登山でも必ず必要!のリストの
持ち物を揃えれば完璧です。

もしあなたが
山でテント泊を予定しているならば

・どんな登山でも必ず必要!
・山の調理器具及び食品
・テント泊ではこれが必須!

これらのリストの持ち物は必要でしょう。

もしあなたが3泊以上のテント泊を
予定しているならば、さらに

・あれば非常に便利!
・マナーのある大人の嗜好品

のリストの持ち物があれば
よりより楽しく快適に登山することが
できるでしょう!

より効率的に
登山準備をするために私が私のために
作り上げたリストですが

本当に役に立つ便利なリストなので
あなたにも提供しようと思い
ここで公開することにしました!

晴天が続く今年のゴールデンウィーク!
ぜひ山で最高の時間を過ごしてください!

ハイキングツアー参加ご予約・お問い合わせ

ハイキングツアーへの参加に関するご相談はお気軽にご連絡ください。
2021.06.24

バカにできない登山用水筒選び おすすめの一品をご紹介

バカにできない登山用水筒選び おすすめの一品をご紹介
こんにちは!コピーライター兼登山家の松浦です。

生きるための全ての物資をたった1つのザックに詰め込んで行う登山。約50種にも及ぶ物資の重要度をランキング形式で表すと、間違いなく上位5位以内にランキングされる重要物資。

そう!水筒です。

食料を食べずとも7日間は生き延びることができると言われていますが、水無しで生き延びることができる日数はたったの3日間。

そんな超重要な水を保管する容器である水筒は、登山を行う上で極めて重要なものと言えるでしょう。

今回はそんな水筒についてのお話をしようと思います。

登山でなくとも、最近では普段の生活でも水筒を見かけることが多くなりました。家電量販店やホームセンターに行けば、本当に多くの水筒が所狭しと並んでいますよね。

それだけ多くの水筒があるので、その中には登山に適したもの、適さないものがあるのです。

また、登山ショップに行けば、登山用に開発された素晴らしく便利な水筒もあります。私自身、10種類もの水筒を使用してみて、その中で本当に登山に適したものをあなたにおすすめしたいと思います。

たかが水筒ですが、されど水筒!山でのあなたの命をつなぐものです。

ではどうぞ!

登山に適したおすすめ水筒1 命を繋ぐ水

本日2017年4月8日。

平地ではすっかり春モードで、街ゆく人々のほとんどはコートを脱ぎ春らしいスタイルです。

その一方で、標高の高い場所ではまだまだ雪がわんさか積もっています。

雪解けの季節はもう少し先です。

特に、2000m級以上の山に登る人は雪山登山スタイルが必須です。

雪山登山が大好きな私は、まだまだ楽しめます!ワクワクしますね!

ただ、スキーやスノボを楽しめる季節は、さすがに過ぎ去ってしまったようです。

仕方ありません。また来年の楽しみに取っておくことにしましょう・・

ところで、あなたはスキーやスノボに代表されるウィンタースポーツをしますか?

雪山登山が大好きな私。当然、ウィンタースポーツも大好きです。とはいっても私がやるのはスキーだけですが。

実は私、大学の頃にスキー部に所属していました。上下関係の厳しいバリバリの体育会系です。

そして運動部であるため、シーズンオフの時期のトレーニングはかなり大変でした・・おかげで基礎的な体力がつき、今の登山にかなり役立っていますが。

大学を卒業した後も時々友人たちとスキーによく行きました。
大学の時は、あまりスキーを楽しむ余裕がありませんでしたが、友人たちと行くスキーはのんびりと滑ることができ、そこで心の底からスキーを楽しむということができたように思います。
あなたの生活の「おはよう」から「おやすみ」まで

毎日の生活に欠かせない、そしてこれが無くなると、あなただけでなく誰もが生きていけないというもの・・

そう!水です。

もちろん登山でも例外ではありません。

いや、むしろ登山では、水の重要性は普段の生活以上と言えるかもしれません。

普段の平地の生活では、蛇口をひねれば簡単に手に入る水ですが、山では水の量は限られてきます。

山には、水道も自販機もコンビニもありません。あなたが山で使える水はあなたがザックに入れてきた分しかないのです。たまに湧き水が手に入る場合もありますが。

こちらの記事↓で、水についてはお話ししてきました。

サバイバル生活で生きる登山技術 飲み水編
山の湧き水活用術をあなたに伝授!

ただ・・・すみません。肝心なことをまだあなたにシェアしておらず、後回しにしてしまっていました。

それは、水を入れる容器、つまり水筒についてです。

ここで、山では絶対に欠かせない水筒についてあなたにシェアいたします。

ところで、あなたは普段の生活で水筒を持ち歩きますか?

[あなた]
今時、自販機はそこら中にあるし、コンビニだってすぐ近くにあるし、水筒なんて邪魔なだけさっ


と、あなたは回答するかもしれません。

はい!確かにその通りです。

150円もあれば、自販機でもコンビニでも水は手に入ります。水どころか、お茶だって選びたい放題です。

普段は私もよく利用します。現場業務ではよく喉が乾くので、近くのコンビニで1Lサイズの水を購入します。

しかし・・・先ほども言いましたが山では自販機もコンビニもありません。

お金があっても水を購入することができないのです。

繰り返しますが、あなたがザックに入れてきた水があなたが使える水の全てなのです。

それ以上の水が必要ならば、やはり湧き水を見つけるか、以前こちらでシェアしたような方法で水を作り出すしかありません。

登山に適したおすすめ水筒2 多種多様な水筒

そんな大事な水を入れる水筒。山では絶対に欠かせません!

自宅から持ってくる場合にも水筒に入れますし、湧き水等を利用する場合にも水筒が必要です。

ただ、この水筒・・

登山ショップに行けば・・いや登山ショップでなくともホームセンターでも多種多様の水筒が山のように積まれています。

どれも似たり寄ったりですが、中には登山家をターゲットにした水筒もあり、本当に便利です!

そんな多種多様の水筒、ここであなたにシェアします。

数が多すぎてどの水筒がいいのか、わかりづらいと思うのでこれを参考にしていただければ!と思います。

金属ボトル
シンプルな金属製のボトルです。
このタイプのボトルは昔からありますが、最近のものは表面にコーティング加工がなされており、どんな飲み物を入れても水だけで簡単に洗浄できるようになっています。

プラスチックボトル
比較的容量が大きく、軽いボトルです。
口が広く水を入れやすい特徴があります。ただし、熱湯を入れることはできません。山の湧き水を入れたり、容量の目盛りがついているのでちょっとした容量の計測にも使えます。

ポリカーボネートボトル
同じプラスチックですが、ポリカーボネート樹脂を採用しており、高度な無味・無臭・機密性の高さを誇ります。水だけでなく、野菜などの保管にも使用できます。私は、パスタやラーメンの保管にも使用しています。

ソフトボトル
容器というよりも、袋といった要素の強いボトルです。

水を漏らさない機密性はもちろんですが、使用後にコンパクトにまとめることができる利点があります。ただし、鋭利性のある道具に引っかかると破れてしまう欠点もあります。

保温性ボトル
雪山登山では必須のボトルです。水を熱湯のまま入れることができ、非常に高い保温性能を誇ります。雪山登山の休憩時に飲む、このボトルに入った熱々の湯はまさに心のオアシスです!また、夏にはキンキンに冷えた水を入れれば火照った体を冷やす最高の水となります。

浄水ボトル
いざという時のためにも非常に有効なボトルです。見た目は綺麗だけど飲むにはどうかな?という山の川水を入れれば簡単に浄水され、安心して飲むことができます。

ハイドレーションシムテム
これはまさに
登山家にピッタリのボトルです。
山道をひたすら歩くことで、知らぬ間に水分が汗となって失われてしまうので、定期的な水分補給は欠かせません。

そんな時、このハイドレーションシステムを使えば、より手軽に水分補給をすることができ脱水症状を未然に防ぐことができます。
言うまでもなく、雪山登山は極寒の山の中を歩くもので、その気温は、地域にもよりますが概ね氷点下5度〜10度、氷点下25度まで下がることもあります。

通常は、それだけの極寒の中を人が生きていくことはできません。

もちろん平地でも、北海道の旭川などは氷点下25度まで下がる時期もありますが、その分家の中は強力な暖房が効いています。家の中は暑いくらいだそうです。

しかし、氷点下25度の山の中を歩く場合、もちろん暖房器具などありません。

外からあなた自身を温める手段が何1つないのです!

湯沸し用、料理用のストーブはあるでしょうが、それであなたの体を温めるにはあまりにも役不足です。

唯一暖かい料理や飲み物を飲むと言う手段があるくらいです。

つまり、人が生きていけないくらいの極寒の中、山を登るには、極めて保温性と防寒性の高いアウターが絶対に必要なのです!

それがシェルジャケットなのです!

登山に適したおすすめ水筒3 あなたに合った水筒を

そんな深い雪の中を、脚を埋めることなく歩くための登山道具をあなたは知っていますか?もしあなたが東北や北海道出身ならば、もしかしてご存知かもしれません。

そうです!雪深い地域では、古来よりそういう道具が存在していました。

今ではさらに洗練されたものに生まれ変わり、登山道具としても大活躍しているのです。

その道具を総称して「カンジキ」と言い、数種類存在するカンジキの中の1つに「輪カンジキ」があります。これです↓
輪カンジキはやがて「ワカン」と呼ばれ、現在それが一般名称となって登山ショップに並んでいます。輪カンジキは竹でできていましたが、現在登山ショップで売られているワカンはより軽量で丈夫なアルミ製です。また、登山靴に装着しやすいように工夫されています。

これがそのワカンです↓
また、ワカンと同様の使い方をする雪山道具も存在し、それを「スノーシュー」と言います。これは主にアメリカで発達した雪山道具です。

これがスノーシューです↓
先ほども言ったように、このワカン、スノーシューは雪深い地域の登山では非常に有効・・いや場所によっては必須と言ってもいいでしょう。
先ほども言ったように、山では絶対に水を欠かすことはできません。

しかし、ザックに入れると結構な重量となってしまいます。また容量もあるため、ザックのスペースを潰してしまうことになってしまいます。こればかりはどうしようもありません。

だからこそ、ここでシェアしたように、水筒には様々な種類のものがあり、あなたの登山スタイルに合った水筒を選ぶことが重要になってくるのです。

もちろん、ここでシェアした以外にも優れた水筒はあるかもしれませんし、今後さらなる機能を有した水筒が登場するかもしれません。

しっかり吟味にあなたに合った水筒を選んでください。きっとあなたの快適登山に一役買ってくれますよ!

ワカンとスノーシューの使い方4 ワカンはどう使う?

ただ、このワカン、スノーシューが役立つ場面は真冬でも限定されます。

これらを実際に履いて歩くのは、比較的平坦な新雪の多い登山道です。

傾斜のある登山道では12本爪アイゼンを履かなくてはならず、むしろ邪魔になってしまうケースもあります。

ワカンの場合、12本爪アイゼンを装着したままでも使えるので、ある程度の傾斜でも使用可能ですが、スノーシューの場合はアイゼンを外さなくてはなりません。

スノーシューの底面に滑り止めのギザギザが付いていますが、傾斜のある雪山の登山道では気休め程度にしかなりません。

私はワカンもスノーシューも使用経験がありますが、個人的にはワカンがベターだと思っています。その理由がこれです。

スノーシューよりも軽量
アイゼンを装着したままの使用が可能
スノーシューよりも安価

もちろん、スノーシューも優れた登山道具ではあります。しかし、山が多く平坦な場所が少ない日本の山には、日本発祥の道具が最も適しているということなのかもしれません。

ワカンの装着の仕方はこちらをご覧いただければ、詳しくわかります↓
もしあなたが雪深い地域での雪山登山を志すならば、1度ご検討ください。

ワカンとスノーシューの使い方4 スノーシューはどう使う?

一方、スノーシューはどうでしょうか?


[あなた]
これまでの話からすると、スノーシューよりもワカンの方が優れているわけでしょ?じゃあ、スノーシューの解説はいらないのでは?



いえいえ、そんなことはありません。確かに私はスノーシューよりもワカンの方が好きですが、登山スタイル次第ではスノーシューの方が優れている点だってあります。

スノーシューの優れている点、それは平坦な雪道のトレッキングならば断然歩きやすいというところです。

もともとワカンは急峻な山坂が多い日本で発展した道具です。日本ではワカンが使いやすいのは当然といえば当然かもしれません。

一方、スノーシューは平坦な雪道が多いアメリカやヨーロッパで発展した道具です。そのため、日本の雪道でも、主に雪道のトレッキングを主要目的とした山行スタイルならば、スノーシューをオススメします。

スノーシューの装着の仕方はこちらです↓
ワカンもスノーシューも優れた道具です。ちゃんと使いこなせば、あなたの快適登山に一役買うことでしょう!

ソフトシェルとハードシェル6 購入の参考に

お待たせしました!ではここで、ソフトシェルジャケットとハードシェルジャケットを紹介します。


|ソフトシェルジャケット
モンベル クロスランナー ジャケット Men’s
全面にストレッチ性に優れた素材を使用することで、高い運動性と体にフィットするスリムなシルエットを両立したジャケットです。前方からの冷たい風をブロックしつつ、ウエア内の蒸れを効果的に放出します。(価格 9000円+税)


モンベル クロスランナー ジャケット Women’s
全面にストレッチ性に優れた素材を使用することで、高い運動性と体にフィットするスリムなシルエットを両立したジャケットです。前方からの冷たい風をブロックしつつ、ウエア内の蒸れを効果的に放出します。(価格 8500円+税)


モンベル パウダーシェッド パーカ Men’s
ストレッチ性と、防風・保温性を高い次元で兼ね備え、ウインタースポーツに最適なパーカです。素材が持つストレッチ性とひじ部分に採用した立体裁断により、抜群の運動性を実現。ウエア内の熱気を素早く放出可能なスムースピットジップや、細かなフィット感の調節が行えるトライアクスルフードなど、アウターとしての機能を多数備えています。
※縫い目に防水処理は施していません。(価格 17000円+税)


モンベル パウダーシェッド パーカ Women’s
ストレッチ性と、防風・保温性を高い次元で兼ね備え、ウインタースポーツに最適なパーカです。素材が持つストレッチ性とひじ部分に採用した立体裁断により、抜群の運動性を実現。ウエア内の熱気を素早く放出可能なスムースピットジップや、細かなフィット感の調節が行えるトライアクスルフードなど、アウターとしての機能を多数備えています。
※縫い目に防水処理は施していません。(価格 16500円+税)


|ハードシェルジャケット

モンベル 3in1 フォールライン パーカ Men’s
アウター
インナー
単体でも使用できるインナーを備え、季節や気温の変化に応じて3通りの使い方ができる汎用性の高いパーカです。独自の防水透湿性素材を採用したアウターは、単体で一枚地の軽快なアルパインウエアとしても活躍。エクセロフトを封入したインナーは、汗や湿気に濡れても高い保温力を維持します。アウターとインナーをセットすれば、優れた防水透湿性と抜群の保温性により、冬季登山やスノーアクティビティ全般で活躍する一着です。(価格 27800円+税)


モンベル シャルモパーカ Women’s
全面に保温性・速乾性に優れたエクセロフトを封入した、スノースポーツに最適なパーカです。シェル素材に高い透湿性を誇る独自の防水透湿性素材を使用し、蒸れにくく快適な着心地を実現。リフト券の収納に便利な左袖のポケットなど、スノースポーツに必要な機能を備えています。(価格 20000円+税)

以上、ここでご紹介したソフトシェルジャケット、ハードシェルジャケットはほんの一例です。他にも多数ありますので、是非登山ショップに行って実際に試着してみてくださいね!必ずあなたにとってベストなものがあるはずです。

ハイキングツアー参加ご予約・お問い合わせ

ハイキングツアーへの参加に関するご相談はお気軽にご連絡ください。
2021.06.17

要所要所で装着をおすすめしたい登山用ヘルメット

要所要所で装着をおすすめしたい登山用ヘルメット
こんにちは!コピーライター兼登山家の松浦です。

今回は、ヘルメットについての記事を書いてみようと思います。

登山でも、岩場が多い傾斜や滑落、落石の危険がある場所では、工事現場のようにヘルメットの装着が義務付けられます。

いや、正確に言えば法的には義務ではないのですが、私は、ヘルメット装着は登山家としての義務だと考えています。

頭を守るためにヘルメットの装着が大事であるということは、誰でもわかることです。今回なぜ私がそれを記事にしようと思ったのか?

実は私、約40年間生きてきて実に3回、ヘルメットに命を救われているのです。しかも、その3回いずれも全く異なる状況、私の命を救ったヘルメットも全く異なるタイプです。

今回の記事では、私がヘルメットに命を救われたその3回の状況についてお話します。

おそらく私ほどヘルメットの重要性を理解している人間はいないはず、そんな私が書くヘルメットの記事は、他の誰が書くよりも説得力があるに違いありません!!

山に挑戦するあなたには自発的にヘルメットをかぶって欲しい!そして山で命を落とす人が1人でも減って欲しい!!

そんな思いを込めてこの記事を書きます。それではどうぞ!

登山用ヘルメットのおすすめ1 命の恩人のヘルメッ

登山中の落雷の恐ろしさを知るには、まずは過去の事故事例を参照していただくのが近道です。これから紹介する事例は、11名もの犠牲者を出した凄惨な大事故ですが、決して避けることができなかったものではなかったと思います。

確かに落雷は、極めて致死率の高い恐ろしい災害ですが、落雷のメカニズムを知っていれば、誰でも避けることができます。

知っているか否か、これがあなたの命の分かれ道です!決して大げさじゃなく!

西穂高岳落雷遭難事故

”1967年8月1日の気象状態は、本州を挟む形で高気圧が2つ並んでおり、南海上には台風があったため、大気の不安定な状態となっていた。

長野県松本市の長野県松本深志高等学校二年生の登山パーティーは、北アルプスの西穂高岳にて教員の引率による集団登山を行なっていた。この集団登山は個人での登山による危険を避けるため、希望者を集めて毎年学校が主催している行事だった。参加人数は教員5人を含む計55人。日程は、31日に松本市を出発、上高地で一泊し、1日の朝から西穂高に登山して、翌日下山、松本市に帰る予定であった。

参加者のうち46人が登頂したが、
正午過ぎから天候が悪化し、大粒のひょうまじりの激しい雷雨となったためパーティーは避難を開始。避難のため下山途中の13時半頃、独標付近のガレ場を一列で下っていたところに雷の直撃を受けた。これにより生徒8名が即死、生徒・教員と会社員一人を含めた13名が重軽傷を負い、生徒3名が行方不明となった。事故発生の連絡を受けた西穂山荘からは従業員と東邦大学医学部による西穂高診療所の医師ら二十余人が現場に向かい、遺体と負傷者を山荘に収容した。無事だった生徒と教員も山荘に避難。行方不明者の捜索は濃霧により翌朝まで延期された。同日夜には事件の一報を受けた東京医科大学の医師2名が上高地から救援に駆けつけたほか、自衛隊松本駐屯部隊のレンジャー隊員らが自発的に救援に向かっている。松本深志高校にはその日のうちに対策本部が設けられ、同校長を含む教員5名が上高地に向かった。

翌朝には長野県警と高校OBによる行方不明者の捜索が開始され、結局尾根から300m下ったガレ場で3名とも遺体となって発見された。これにより死者は計11人となった。午前8時頃には無事だった教員と生徒が下山を開始。9時ごろには陸上自衛隊明野駐屯地のヘリコプター2機が現場に到着し、負傷者を松本市の病院にピストン輸送した。遺体は高校OBの手で上高地まで下ろされた後、自衛隊のヘリで高校の屋上まで輸送され、警察による検視と生徒や保護者らによる簡単な告別式の後、それぞれの家に帰された。”


これは今から約50年前の事故です。この当時の気象予報技術がどこまで進んでいたのかは不明です。ただ当時の警察が、この事故に関して責任を問うことをしなかったことから、当時の落雷のメカニズムについての認識が進んでいなかったと考えられます。現在では、落雷のメカニズムについての認識も当時とは比較にならないほど進んでおり、現在の落雷事故は人災との認識がなされています。例えば、この事故の直前、「正午過ぎから天候が悪化し、大粒のひょうまじりの激しい雷雨となったため避難を開始した」とあります。
現在の技術があれば、もしくは観天望気に長けた登山家が1人でもパーティーにいたならば、雲の様子などから雷の兆候を察知し、より素早く避難ができたはずです。もしくは、もっと前の段階、登山自体を延期、もしくは中止するという選択もできたかもしれません。

いずれにせよ、このような悲惨な大事故は防げたはずです。

では、ここから雷についてより詳しく解説して行きましょう!


|雷が発生しやすい気象条件
雷が発生しやすい条件をまとめると、こんな感じです。

●登山では4月〜10月、特に7月、8月の夏季
●寒冷前線が現れた時
●積乱雲が発生した時
●夏なのに秋の空のように澄んでいる時
●夏で空気が濁って湿気が多い感じがした時


*寒冷前線とは、冷たい気団が暖かい気団に向かって移動する際の接触面で発生する前線を言います。
*積乱雲についてはこちら

天候を意のままに操る観天望気という技術


|雷に会わないために
雷に会わないためには、雷が発生しやすい条件のもとでは登山しないことが1番です。ただ、それだと夏季は登山できないことになってしまう・・・

そこで、あなたが登山中に雷に会わないためには、この3つに注意しましょう。

●夏季は出来るだけ早朝に出発し、14時頃には下山を終えるようにスケジュールを組む
●夏の夕方に起こる雷は同じ時間に起こることが多いので、山小屋や気象情報をチェックしておく。
●事前に雷注意報が出ている場合は登山を中止、もしくは延期する。



|雷が落ちやすい場所
雷の性質上、これらの場所に落ちやすいことがわかっています。

●山頂・尾根などの、まわりより高いところ
●河原のように開けたところ
●水場
もともとウルトラライト登山スタイルは、アメリカでのロングハイクを行うための方法論として生まれた考え方です。

ロングハイクとは数週間、数ヶ月に渡る長期間のハイキングのことで、ロングハイクを楽しむためには荷物を極力減らして、自然のものを利用して生活する技術を身につける必要がありました。

なぜなら、どんなに大量の荷物をザックに入れてもロングハイクの中では必ず物資不足に陥ることはわかりきっているし、そもそも大量の荷物を背負った状態でのロングハイクは行動範囲を狭めてしまいます。

ロングハイクを楽しむためには自然と向き合い、山に自生する木々や草花、木の実や果実、湧き水、そして動物・・・自らの知恵と工夫で生きるために必要な物資を調達していく必要があったわけですね。

ハイカーズデポという登山ショップの店主である土屋智哉氏は、より軽量でシンプルな登山道具でもっと気軽に山に出かけようという触れ込みで、日本にウルトラライト登山を持ち込みました。

各登山メーカーやスポーツメーカーが、より機能的な登山道具を次々と発表する中、土屋氏の持ち込んだウルトラライト登山という方法論は革新的でした。

しかし、日本は国土全体に山を持つ国です。
ウルトラライト登山の方法論は比較的すぐに受け入れられ、そして多くのシンプルな登山道具が店頭に並ぶこととなったのです。

特に、ハイカーズデポではウルトラライト登山の方法論を取り入れた多くの商品を取り揃えています。

しかし・・・ウルトラライト登山の本質は、とにかくもっと気軽に身軽に快適に山へ行くこと、そしてその中で自分にとって最低限必要な道具を見い出すことなのです。決して道具ありきではありません。

つまり、ウルトラライト登山を取り入れることによってこんなことが可能になるのです。

●もっと身軽に、気軽に、快適に山に登ることができる。
●山の中で自然と向き合い、自然のものを利用した創意工夫を楽しむことができる。
●本当に自分にとって必要な登山道具を見出すことにより、登山準備が簡単になる。




|ウルトラライト登山のデメリット

ここまでウルトラライト登山のメリットをあなたにシェアして来ましたが、そうなるとこんなデメリットも当然発生することになります。
【登山初心者】
でも、軽さを求めるあまり荷物を少なくしすぎると、いざという時に必要なものがない!ってことになるのでは?重いザックの方が安心感があるよ。

【ベテラン登山家】
確かに身軽に登山できたらいい時もあるけど、登山は大荷物を背負って行うものだし、標高の高い山や雪山登山では絶対に通用しない!そういうところでの物資不足は命に関わるよ!


その通りです。実はウルトラライト登山のデメリットは2つあります。


デメリット1 高い標高での登山や雪山登山などの厳しい環境では通用しない。
言うまでもありませんが、厳しい環境での登山を行なう場合、最も優先すべきはあなたの命を守ることです。そのためには、ザックの中には多くの物資を入れておく必要があるのです。

もちろん登山道具の有効利用という点でウルトラライト登山の方法論が必要な場合もありますが、基本的に使う可能性が少しでもある道具はザックに入れておくべきでしょう。


デメリット2 ウルトラライト登山を身につけるには、経験が必要。
2つ目のデメリットについては次章でお話しします。
あなたは普段、ヘルメットをかぶる機会はありますか?

ヘルメットを被る場面は様々です。例えば・・

工事現場での業務に携わる方々は、もはや体の一部と化しているでしょう。仕事柄工事現場に入ることがよくありますが、ヘルメット無しで現場に入るなど全く考えられません。

バイクに乗る方々にとっても必需品です。私もかつてバイクに乗っていたことがありますが、ヘルメット無しでバイクに乗るなど自殺行為と言っていいでしょう。

最近では自転車に乗る際も被ることがあります。ロードバイクでは、当たり前ですね。

実は私自身も、人生を通してヘルメットとは深い関わりがあります。どういうことか?

実は、過去に3度!私はヘルメットに命を救われているのです!

もし、ヘルメットがなかったら・・・もちろん今こうしてあなたに向けて記事を書くことなどできなかったはずです。きっと重度の後遺症を残して病院のベットの中か、もしくは死んでいたでしょうから・・・

そんな私の、ある意味奇跡のような3つの出来事をお話しします。

雷鳴が聞こえた時の対応・避難方法

登山用ヘルメットのおすすめ2 バイク用ヘルメット編
登山中に急に空がどんより曇ってきて、遠くの方から雷鳴が聞こえる・・・

そうなった時点であなたは落雷を避ける行動を開始しなくてはいけません。雷雲があなたの頭上に到着してからではあまりにも遅すぎます。また、雨が降り出すと行動も鈍くなります。

落雷を避けるには、素早い行動が何よりも大事です。

では、具体的にどう行動すれば良いのか?以下の通りです。

●カサやトレッキングポール、ピッケル、テントポールなどがザックから飛び出ていたら、外して手に持つ
●あなたの近くで雷鳴を聞いたら、姿勢を低くして、なるべく低い場所に素早く移動する
●逃げる時は、パーティメンバーで固まらずに離れて逃げる
●雷と雷の間の5~10秒の隙に、姿勢を低くしてより安全な場所に移動する
●近くに山小屋があったら山小屋に避難する(電気機器や壁から1m離れること)
●姿勢を低くし、ザックの上に座って、雷の通過を待つ。地べたに這いつくばったり直にすわると地面を伝った電流を受けることがある。
●もしあなたが稜線に居るなら、窪地やハイマツ帯の中に逃げこみ姿勢を低くして雷の通過を待つ
●鎖場や鉄のはしごなどから離れる
●木から2m以上離れる(木の根本で雨宿りを兼ねて待つと雷の側撃を受けることがある)
近くに安全な空間がない場合は、木など高いもののてっぺんを45℃以上の角度で見上げる範囲かつ木の幹や枝から2m以上離れたところが保護範囲となる


|もし落雷にあったら
万が一雷があなたに直撃した場合、あなたの身体は一瞬にして黒焦げ、もしくは心停止状態になります。

直撃さえ免れれば、それほど大きな損傷は与えず、たとえ心停止しても、心臓マッサージやAEDで適切に処置をすれば高い確率で蘇生します。また、雷に打たれて倒れたように見えても、ショックを起こしているだけの事もあります。諦めずに人工呼吸や心臓マッサージを行いましょう。

電撃が走った部分は皮膚がヤケドするので、ヤケドの処置(冷やし、ガーゼや包帯で保護)をします。高圧電流は身体内の各臓器もヤケドさせるので、雷に打たれた場合は即座に下山して医療機関でチェックを受けましょう。
約20年前、私は大型バイクに夢中で、毎日のように乗っていました。

ある日、片側1車線の狭い道路で快適に走行中、目の前に小高い上り坂がありました。

ほんの2m程度で、勢いよく走ればちょっとしたジャンプ台にもなりそうな坂道でした。

バイクで気分よく快調に飛ばしていた私。


[わたし]
そんなものを見つけてしまっては飛ばないわけにはいかないな!!


と、これ以上ないくらいアホな発想で、そのまま勢いよく坂道に突っ込んでいき・・・案の定登り切ってところでバランスをくずし、折悪しくそこへ対向車が走ってきたのです!

キキーッ!!ズガンッ!!!ガガガッ!!

双方のブレーキ音が鳴り響いたのち、対向車のバンパーと私のフルフェイスヘルメットが勢いよく衝突!

勢い余ってそのまま対向車の車体の下へ、バイクごと引き摺り込まれてようやく対向車と私のバイクは完全停止したのでした。

腕と脚が対向車とバイクの間に挟まれた状態の私は、とにかく対向車のドライバーに車をバックしてもらうように合図を送り、私はようやく自由の身となれたのでした。

そうして改めて対向車とバイクの位置を見てみると、完全に対向車の車線に飛び出してしまっていた私。誰がどう見ても、私の弁解の余地など100%無いことは明白でした・・・

それからけたたましいサイレンを鳴らしながらパトカーが到着。幸いにも対向車のドライバーや同乗者に怪我はなく、大した事故にはならずに済みました。

ただ、その場で私は警察官の方にこっぴどく叱られ、救急車に乗せられました。腕と脚が少し擦りむいたものの診断結果は打撲。

その後、警察を通じて対向車のドライバーと連絡先を交換、対向車のドライバーの銀行口座にバンパーの修理代を振り込んで、事故は完結したのでした。

今、あの時の事故を思い出してみると、対向車と真っ先に激突したのは私の被っていたフルフェイスヘルメット。もしヘルメットを被っていなかったら、どんな事態が待ち受けていたのか・・・

考えただけでも恐ろしいですね。

登山前日の天気予報情報の確認

「山の天気は変わりやすい」と昔から言われるように山ではコロコロと天気が変わります。

また地形など局地的な状況で、天候は大きく変わるため実際に何時に雨が降るかなどを知ることはできません。しかし、広域での天気予報で「天気が荒れるかどうか」 は一般的な平地の天気予報で誰もが知ることができます。
【気象予報士】
明日は低気圧が近づいて荒れ模様です

という予報ならば、あなたが登る山も十中八九荒れ模様です。
この際、前日の天気予報が当たるか否かは置いておきましょう。それは特段重要なことではありません。
それよりも「こういう可能性がある」ということは山でも当てはまる、ということをよく覚えておくことが最も重要であり、一般的な天気予報の利用方法です。もちろん、それは雷においても同様です。


|テレビ等で確認
天気予報を確認し、「雷を伴う」という表現があるかに留意。


|インターネットで確認
Yahoo!天気・災害
気象庁天気予報
日本気象協会tenki.jp 
ウェザーニュース
日本気象株式会社 てんきとくらす
ヤマケイオンライン


|電話で確認 177番
今日・明日・明後日の天気予報を電話(自動音声)で聞くことができます。平地用ですが参考にすることはできます。

市外局番+177番
例えば上高地なら 0263177 で長野県中部気象台発表の天気予報が流れます。 注意報・警報、天気、降水確率、予想気温等が順番に流れます。


|山中での確認方法
●スマホのアプリ(電波の入りやすいところでは有効。事前に使いやすいものをインストールしておく)
●山小屋や自然センター等に張り出してある天気図
●AMラジオ
山中で積極的に天気情報を確認するにはラジオが適しています。スマホよりバッテリーのもちが良く、予備の準備も簡単です。また、ラジオは、スイッチを入れて歩くことでクマ除けにす人気の無い登山道では熊よけとしてつけながら歩くという人も居ます。
このラジオは登山者専用に開発されたもので、通称「山ラジオ」と言います。
現在あなたが登っている山の名前から周辺の放送局を手軽に選べるようになっています。
72gと軽量、名刺サイズと小さく、ザックのショルダーベルトに装着可能です。
単4乾電池一本で、イヤフォンでAMを聞くなら72時間電池が持つという優れものです。
無駄のない厳選された道具を携えて身軽に、気軽に、快適に登山を楽しむ

これがウルトラライト登山の真骨頂です。
「ウルトラライト登山でザックの中身を最適化」では、その方法論について比較的ザックリとしたお話をしたと思います。

ウルトラライト登山を実践する場合、真っ先に思いつく方法は道具をいかに減らすか、いかにして軽量化するかということです。

使うかどうかわからないような道具をザックに詰め込んでしまうとザックが重くなり、ウルトラライト登山とはかけ離れてしまいます。

【登山初心者】
じゃあ、具体的にどんな道具を揃えたらいいの?

リスト化された登山準備一式の中でも「どんな登山でも必ず必要!」を見ていただければ、そこに答えは出ています。このリストの道具を揃えれば、何の問題もなく登山ができます。

とはいえ、あなたにとって本当に必要な道具は、あなたが山に行って山で見出していただく必要があるのです。

なぜなら、どんな登山上級者でもベテラン登山家でも、必要と考える登山道具はそれぞれ異なり、100人の登山家がいれば、100通りのウルトラライト登山スタイルが存在するのです。

例えば、私の知り合いのある登山家は、日帰りハイキング程度の荷物の量で山に1週間も滞在します。
彼のザックの中には

●防寒具、パジャマを兼ねたレインウェア
●極薄のテント一式
●少し大きめのコッヘル
●アルコール燃料
●そして1週間分の米


しか入っていません。
その場所場所で足りないものがあった場合は、草木や竹、木のつるなどで賄うそうです。

彼のウルトラライト登山スタイルは、彼にとって本当に必要な道具であるレインウェア、テント一式、コッヘル、燃料だけを持って山に入り、その他の必要なものは自然のもので間に合わすといったものです。

また、別の登山家は大きめのザックやウエストポーチなどを常に持っていますが、それらは全て自作!だそうです。

【ベテラン登山家】
ヤフオクで業務用ミシンを買ったんだ!1万5千円で買えたよ。登山道具のほとんどはそのミシンで作っているよ。


登山服やシュラフも自作で、特にシュラフは使い古しのダウンジャケットを縫い合わせて作ったものです。

また、その登山家は、登山ショップで道具を買うことはほとんどなくホームセンターや100均で
材料を購入し、そこから様々なものを自作するそうなのです。

彼にとってもウルトラライト登山スタイルは、必要なものは全て自作し、時には市販されていないようなオリジナル道具も作ってしまうというものです。

彼にとって本当に必要な道具は・・・業務用ミシンかもしれませんね。
このように、ちょっと時間がかかるかもしれませんが、山に入りあなたにとって本当に必要な道具そしてあなた独自のウルトラライト登山スタイルを見いだすことができれば、登山の楽しみをさらに広げることができます。

登山とは、何も頂上にたどり着くことばかりではないのです!

雷の接近を感知する方法

接近してきた雷を事前に感知できる場合があります。
観天望気の知識があれば、積乱雲の接近で容易に感知できますが、それ以外にも、雷が放出する電気で完治できる場合があります。

ただし、雷接近の感知は容易ではなく、登山初心者がいきなりできるものではありません。
よって、以下に雷接近の目印となる現象を記します。登山中に空がどんより曇ってきたら、この4点を思い出してください。

もし、運よく近くにベテラン登山家がいたらぜひとも教えてもらってください。
勉強になりますし、きっと快く教えてくれるはずです。

●積乱雲の接近
●パチパチ、ブーンという音が聞こえる
●髪の毛が逆立つ
●AMラジオにガリガリという雑音が入る

観天望気についてはこちら

天候を意のままに操る観天望気という技術

ハイキングツアー参加ご予約・お問い合わせ

ハイキングツアーへの参加に関するご相談はお気軽にご連絡ください。
2021.05.26

遭難を事前に予防!登山計画書の書き方とは

遭難を事前に予防!登山計画書の書き方とは
こんにちは!管理人の松浦です。
前回、登山計画書についてあなたにシェアしました。
こちらです↓
自由という名の登山計画書の書き方

「計画書」と言っても決して堅苦しく考える必要はない、ということをわかっていただけたのではないかと思います。

とはいえ、登山計画書には必ず書いておくべき項目があり、これが極めて重要です。

登山計画書を型にはまった書類にする必要はないのですが、必要なことを書いていないとただのメモになってしまいます・・

では必要なこととは何か?今回はそれをわかりやすく解説いたします。

では、どうぞ!

登山計画書は万が一への備え

登山計画書とは、登山に行く前には必ず提出しておきたい、いや必ず提出すべき重要書類です。

あなたが万が一、山でトラブルに見舞われて下山できなくなった時に、警察から要請を受けた救助隊が最短時間であなたを救出するためのものです。

もしあなたが、登山計画書を出さないまま山に入り、そして身動きが取れない状態になったらどうなるか?

しかも、誰にも告げることなく単独行で山に入り、身動きが取れなくなったらどうなるか?

それって・・・ほとんど行方不明者と一緒ですよね?
1日や2日あなたがいなくなっただけで、警察はあなたを捜索などしません。

運が良ければ、1週間くらいで家族の誰かが、あなたと連絡が取れなくなったことに気づいて警察に通報してくれるかもしれません。

そこでようやく警察が救助隊にあなたの捜索要請してくれますが、救助隊は何の手がかりもない状態であるため、あなたを見つけるために何日もかかります。

発見されるまでの間、あなたは1週間以上身動きが取れない状態で山で過ごす羽目になるわけです。

それがどんなに大変なことか・・・想像もしたくありません。
それでももし救助隊があなたを発見し無事救助されたなら、あなたはものすごい幸運の持ち主と言えるでしょう。

運が悪ければ、あなたは救助隊に発見されることなく、そのまま山で野垂れ死・・・ということになります。

これは決して大げさに言っているわけでもなく、ましてあなたを脅している訳でもありません。

実際に山で発生する事例をそのまま文章にしているだけです。

では、もし登山計画書を事前にあなたの家族と警察に届けていればどうなるか?

例えばこんな状況です。


”ある日、あなたは山頂目指して登山を開始しました。順調に山の中腹まで登ってきたところ、中腹のちょっと開けた場所に何やら巨大な岩を発見!

自分の背丈の3倍はあろうかという巨大な岩、上に登ってみたらさぞ気持ちいいだろうなあ!

浮かれ気分のあなたはロッククライミングを試みました。

凸凹が多く、ロッククライミング的には決して難しい壁ではありません。あなたはスイスイと登り、あと身体を岩の上にすべり込ませればゴールという、まさにその時。

岩の上の苔で手が滑り、あなたは岩から真っ逆さま!

悲鳴をあげる暇もなくあなたは岩から転落、幸いにも真っ先に岩の下の地面に落ちたのは足だったため、命に別状はありませんでしたが、足をグネってしまい痛くて立てません。

何とか助けを呼ぼうとスマホを取り出したものの、電波が全く立たず連絡も取れない。

他の登山家が登ってくる様子もないし、こんな山の中に民家なんかあるはずがない。

まさに絶体絶命の大ピンチです。

しかし、万一に備えて食料と水は多めにザックに入っており、ちゃんと分ければ3日間は大丈夫。ザックにはツェルト(簡易テント)もマットも入っています。

ビバーグ(緊急時の野営)の準備は整っています。

あなたは覚悟を決めて、救助をひたすら待つことにしました・・・

一方その頃、警察署では登山計画書の登山客の連絡を待っていました。登山客が下山すれば連絡があるためです。

ところが現在夜の9時。登山計画書には日帰り登山の計画が記載されており、夜の9時になっても連絡がないのは妙です。もちろん連絡忘れの可能性もありますが、計画書に記載されている番号にかけても一向につながらない。

緊急連絡先の家族に連絡してみるが、連絡はないという。

【警官】
これは遭難に違いない!
そう判断した警察は救助隊に遭難者救助を要請、救助隊は登山計画書内容をもとに、ライトを点灯させながら山へと救助に向かいました。

救助隊が山に入って約2時間。巨大な岩のすぐ脇にツェルトを張って寝ている登山家らしき人を発見!
【救助隊】
〇〇さんですか?

【あなた】
はい!

【救助隊】
この計画書を書かれた方ですね?救助に来ました!もう大丈夫ですよ!
3日間のビバーグをも覚悟していたあなたでしたが、結局1日も経過せぬまま無事救助されたのでした。”
これは決してフィクションではありません。

先日、山で知り合った年配の登山家の方が実際に体験された話です。

登山計画書を提出しておくだけで、怪我で苦しみながらたった一人で野垂れ死するか、1日のビバーグをすることもなく救助され無事自宅へと帰るかの分かれ目となってしまうのです。

万が一の事態に備える

これは何も登山計画書に限ったことではありません。

あなたは車に乗る時、必ずシートベルトをするはずです。もちろん、シートベルトをしないと反則切符を切られるという理由もありますが、これはまさに万が一の事故への備えです。
あなたは生命保険に加入していますか?最近は長期入院保障のついたものやガン保険なるものも登場していますが、これらもまた万が一の病気や怪我への備えです。
たとえ登山歴数十年の大ベテランでも、海外の8000m級の山々を制覇して来た実力派登山家でも、油断すれば怪我をしてしまうし、怪我をすると登山初心者と同様に動けなくなってしまう・・・

いや、むしろベテラン登山家になればなるほど、そういう危険性を良く理解し、必ず登山計画書を作成し家族と警察に提出します。
【あなた】
でも登山計画書なんて今まで書いたことない!どう書けばいいかわからないよ!


あなたのおっしゃる通りです。

登山計画書のフォーマットは長野県警日本山岳会がホームページ上で公開しています。

それをダウンロードして、作成してもいいでしょう。

とはいえ、やはり登山初心者のあなたが登山計画書を書くには、困難がともないます。あくまでも「計画書」ですから、やはり登山の計画を書かなくてはなりません。

今まで経験したことのないことについて計画を立てるわけです。難しいに決まってますよね?

そこで!

私があなたに登山計画書には最低限どんなことを、どのように書けばいいのかをシェアします。

これに従って計画書を作成すれば間違いありません。あなたの山での無事は保障されたも同然です!

登山計画書の書き方

自由という名の登山計画書の書き方の記事で、登山計画書にはこれだけ記載していればOKと書きました。

1.あなたの住所、氏名、連絡先
2.登山の日程(登山開始から下山、バスの時刻まで)
3.登山ルート(帰りに乗るバスも含めて)
4.パーティ登山ならば他のメンバーの氏名
5.緊急連絡先(連絡のつく人)
6.食料計画
7.エスケープルート
8.山岳保険の会社名


1つずつ説明していきますね。

|1.あなたの住所、氏名、連絡先
説明の必要はありません。
普通にあなたの住所、氏名、連絡先です。
個人情報保護が厳しい昨今ですが、提出先はあなたの家族と最寄りの警察署、安心していただいてオッケーです。


|2.登山の日程
「初めて登る山の登山日程など、どうやって書くんだっ!!」
確かに・・・
熟練登山家出あれば、初めて登る山でも、過去の経験から「これくらいかな〜」とある程度の予想はできますが、登山初心者が書くのには少々難しいかもしれません。

時間の予想が難しければ、「山と高原地図(昭文社)」におおよその時間が記載されていますので
それを参考にしてもいいと思います。

ただし、少し余裕を持った日程を組むことを意識してください。


|3.登山ルート
私個人的には登山ルートの計画立案が一番好きです。

どの登山口から登って、どの峠で一休みするか、どこでテントを張って、いつ登頂するか

考えるだけでもワクワクします♫初めて登る山ならなおさらです。

ここでも活躍するのも「山と高原地図(昭文社)」です。

登山ルートに必ず峠名が記載されていますので、それをたどる登山ルートが最適です。参考にしてみてください。


|4.パーティ登山ならば他のメンバーの氏名
誰と登るか。もちろん重要です。メンバーの氏名や住所などの情報も必ず記載しましょう。当たり前ですが単独行の場合は不要です。

パーティ登山についての記事はこちら

どんな登山も思いのまま!パーティー登山

単独行についての記事はこちら

登山は1人で行うもの?


|5.緊急連絡先
あなたの両親、配偶者、兄弟、子、友人などなど・・連絡のつく人ならば誰でもオッケーです。

ただ、もしあなたに下山できないトラブルが発生した場合、登山計画書を提出した警察署からそこに連絡が入ります。くれぐれも、それを考慮に入れた方が良いかも?です。


|6.食料計画
2泊3泊くらいの行程の登山になると、これは極めて重要な項目になります。

言うまでもありませんが、やはり食料は多めに持って行くに越したことはありません。

ただ、だからと言って何でも詰め込めば良いと言うものでもありません。不要な荷物は、あなたの余計な負担になります。

私のオススメは、様々な種類の食料を用意し、いつどの種類の食料を食べるかを決めておくことです。

例えば、初日の昼は事前に握ってきたおにぎり、夜はご飯系のフリーズドライ食品

翌日は日持ちのする野菜を水で煮て、塩で味付けしたもの

その次の日はカレー系のフリーズドライ食品・・・
私の経験上、そうすれば食事に飽きることなく毎日の楽しみとすることができます。
注意点としては、トラブルで下山が遅れた場合を想定して各種類の食事を少し多めに用意することです。


|7.エスケープルート
これは、登山中に予想外の悪天候に見舞われたり、何らかのトラブルが発生して急遽下山せざるを得なくなった時に素早く下山できるルートのことです。

一度でも経験のある登山ルートであれば、設定は比較的用意ですが、初めて登る山では設定が困難になります。
また、全ての山にエスケープルートが存在するわけではありません。

地図上ではショートカットできそうなルートに見えても、実際は非常に危険なルートである場合もあります。

そんな時は、トラブル発生時の引き返しポイントを決めておきましょう。

例えば、予想外に雨が激しくなりそうなので、引き返しポイントに到着してから天候の状況を見て
進むか引き返すかを決めようという感じです。

いざという時の引き返しポイントを決めておき登頂を諦める選択肢を設けておくことも大事です。


|8.山岳保険の会社名
損害保険、生命保険、火災保険など様々な保険が存在する中「山岳保険」というものも存在します。

登山家を対象とした知る人ぞ知る保険かもしれませんが、登山家の中ではよく知られた存在です。

もちろん加入するに越したことはありません。

もしあなたが、遭難したり、怪我で動けなくなった場合、あなたを捜索、救助するための費用は、数十万円かかる場合もあります。

そんな時、山岳保険に加入しておけば遭難救助を補填してくれます。

ただ、これは絶対に必要なものではありません。

加入を希望するのであれば、各保険会社でその保証内容は異なるので比較して自分にあった保険を選びましょう。

最後に

・・・以上、登山計画書について簡潔にシェアしました。

要は、最低限1〜8の項目を押さえておけば登山計画書としての役割は果たす、ということなのです。

それさえ押さえておけば、様式も、文章も、紙媒体でも、電子データでも全くの自由です。

まるで短編小説を書くかのように、あなたが自由に書いていいのです。

私の場合、登山計画書と登山紀行文が一緒になったような、自由な山岳記事を登山の度に書いています。

「登山計画書という書類を作成する」と考えてしまうとどうもめんどくささを感じてしまうのですが、もはや登山計画書の作成は私にとって「楽しみ」です!

何事も捉え方次第ですね♫

あなたの想像力を存分に活かし、自由な「登山計画書」を書いてみてくださいね♫

そして書いたものを、あなたの家族と最寄の警察署へ提出です。お忘れなく!

ハイキングツアー参加ご予約・お問い合わせ

ハイキングツアーへの参加に関するご相談はお気軽にご連絡ください。
2021.05.26

自由という名の登山計画書の書き方

自由という名の登山計画書の書き方
こんにちは!登山家の松浦です。
あなたは”登山計画書”というものを書いたことはありますか?

”計画書”というと、なんだか仕事の書類を作成してるみたいで堅苦しいのですが、実はこれ、あなたの命を救うことになる極めて重要なアイテムなのです。

地域によっては条例で義務となっている場合もあります。

とはいえ、慣れてしまえばチョチョイと書けますし、別に決まったフォーマットがあるわけでもないので、必要事項さえ押さえておけば後は登山紀行文のように自由に楽しく書きましょう。

今回はそんな、堅苦しくない登山計画書の書き方をあなたにシェアします。

それではどうぞ!

無計画?な私の登山計画書

あなたは、何事においても行き当たりばったりに事を進める方ですか?
それともしっかり計画を立てる方ですか?

実は私は、何事においてもあまり計画を立てるということはしません。

何かを始めようと思い立ったら、計画よりも何よりも先ずはやってみます。

例えば、初めてクライミングジムに行った時、もちろんクライミングのやり方など全くわかりませんでした。

でも、周りの人のやっている姿を見てとにかくやって見たのです。

【わたし】
なるほど!ホールドはこう掴むのか・・
で、どうしてもうまくいかないところだけはインストラクターの方にやり方を聞く。それで、うまくいきました。
もちろん、このやり方が最も正しいのであなたも是非そうしてください!などというつもりはありません。
特にクライミングジムでは、初心者には講習受講を義務付けるところも多くありますし。

人には人の覚え方、やり方があります。例えば、人の学習タイプは4種類あって・・・おっと!このことについてはまた後日説明しますね。

ただ私の場合、何事もまずはやってみて物事を覚えていく方がしっくりくるのです。

少々話がズレましたが、つまり私は何をするにもあまり計画を立てて進めることはしない、ということです。

ただ・・です。

こんな私でも登山をするぞっ!という時は必ず綿密に計画を立てます。

登山計画書に表れる2つのタイプ

ここで、あなたに1つ質問です。

登山において有利になる!のは次の2択のうちどちらのタイプの登山家だと思いますか?

1.行き当たりばったりに事を進める
2.しっかり計画を立てる


答えは1でもあり、2でもあります。これがどういうことか、あなたにはわかりますか?1と2のタイプについてそれぞれ解説しますね。


|1.行き当たりばったりに事を進める
まるで未知なる世界を冒険するかのように登山を楽しむタイプの登山家です。

当然ですが、このタイプの登山家はトラブルに見舞われることが多く、怪我をするか、道に迷うか、はたまた予想外のトラブルで危機に瀕するか・・・とロクな目にあいません。

ただこのタイプの登山家の多くは、そういうことに慣れているため、どんなトラブルにも柔軟に対応でき、頼りになります。


例えば、登山中はどんなにしっかりと計画を立てていても、その時その時でどんなことが起こるかわかりません。

怪我や道迷いの危険は当然ですが、他にも

●登山では命ともいうべき登山靴のヒモが切れてしまうかもしれない。
●ザックの中の登山道具を途中で落としてしまうかもしれない。
●ザックの中の食料を猿に持っていかれるかもしれない。
●水筒の水をこぼしてしまうかもしれない。
●熊に遭遇してしまうかもしれない。

そんな時、その場で知恵を絞って対応策を考案することができる、もしくはその技術が身につくというわけなのです。


|2.しっかり計画を立てる
まるで現場作業の前日に次の日の段取りを綿密に組み立てていく現場監督のように、計画的に登山を楽しむタイプの登山家です。

計画をきっちりと立てることはすごく大事ですし、素晴らしいことです。
ただ、それに頼りすぎると、予想外のトラブルに見舞われた時に対応がうまくいきません。

また、トラブルを想定しすぎて全てのトラブルに対応しようと必要以上にザックの中の荷物が増えてしまうタイプの登山家でもあります。

万が一の時はその場で対応する気概を持ちつつ、計画もしっかりと立てる!

つまり、「行き当たりばったりに事を進める」ことも「しっかり計画を立てる」ことも必要だということです。

登山計画書を書く理由

そもそもなぜ登山計画書を作成する必要があるのか?
【あなた】
どうしてそんなものが必要なんだ!?登山といってもたかが遊びじゃないか!

【あなた】
仕事でもないのに何で書類を作成しなくちゃいけないんだ!馬鹿馬鹿しい!


”登山計画書”・・・確かに堅苦しくて、何だか業務上の書類を作成するかのような印象を与えます。

ただ、この”登山計画書”、業務上の種類と同様、いや場合によってはそれよりもはるかに重要な意味があるのです。

登山計画書を作成する理由・・・

それは、もしあなたが山で怪我をして動けなくなってしまった場合、警察や警察から要請を受けた救助隊ができるだけあなたを素早く発見し救助するためなのです。

例えば、あなたが単独行で登山をしていたとします。

単独行についてはこちらをご覧ください。

登山は1人で行うもの?

ふと油断して足を滑らせて斜面を滑り落ちてしまった!幸いにも斜面は短く、すぐに木にぶつかって身体を確保することができましたが、足が痛くて歩けない!

スマホで助けを呼ぼうにも山奥すぎて電波が入らない!

周りには他の登山家は誰もおらず、人が通る様子もない!

もちろん民家も全く見当たらない!

もはやなすすべがない絶体絶命の大ピンチですが、登山では珍しい事態ではありません。毎年、こんな状況に陥ってしまった登山家がその尊い命を失ってしまっているのです。

もしあなたがこんな事態に陥ってしまったとしても、事前に登山計画書を作成して最寄の警察署に提出していれば、下山が遅いあなたに気づいた警察官が救助隊を派遣してくれます。


登山計画書については長野県警がホームページ上で詳しく解説しています。
登山計画書記載の内容をもとに、警察から要請を受けた救助隊はあなたの捜索に向かってくれるはずです。

【あなた】
あ!いたぞっ!!大丈夫ですか!?もう安心ですよ!
というわけで、無事あなたは救助されるということになるのです。

もちろんあなたの家族の要請があれば警察は動いてくれますが、実は登山計画書がないとあなたを捜索する範囲がものすごく広がってしまうのです・・・

登山計画書があれば、救助隊要請から数時間であなたを救助できるような場合も、登山計画書がなければ、20時間もしくは2、3日要してしまうこともあるのです。何日かけてもあなたを発見できず、捜索が打ち切られる場合も十分あり得ます。

わたし流登山計画書の書き方

では、登山計画書にはどんな事を記載すれば良いのか?

1、あなたの住所、氏名、連絡先
2、登山の日程(登山開始から下山、バスの時刻まで)
3、登山ルート(帰りに乗るバスも含めて)
4、パーティ登山ならば他のメンバーの氏名
5、緊急連絡先(その他連絡のつく人)
6、食料計画
7、エスケープルート
8、山岳保険の会社名


最低限これだけ記載していればオッケーです。

1〜8の項目が記載されていれば、登山計画書として成り立っており何の問題もありません。

でも、はっきり言ってつまらない・・・ですよね!?

ただ1〜8の項目を記載するだけでは、本当に会社の業務で作成する書類と一緒になってしまいます。

いくら登山計画書が極めて大事!とは言ってもつまらない書類など書いたってイヤになるに決まってます。
そんなわけで私は登山計画書を作成する時は、自分流にアレンジしています。

登山を始めたばかりの頃、登山計画書という決まった様式は全く使用せず、大学ノートに全てを書き込んでいました。
「計画書」なので当然登山前に書くのですが、1〜8の内容を記載しつつ行間に自分の気づいたこと、山で何をするか、山での目標なども書き込んでいました。要は自分の登山準備を記事にしていたわけです。

で、登山計画書として必要な1〜8の部分をコンビニでコピーし、登山当日にそれを最寄の警察署に提出してから、登山に臨んでいました。

また、基本的に計画書ですが、登山中もノートに様々なことを書き込んでいました。登山中の自分の心境や山からの景色、木々や花、途中で食べた料理などについても書き込んでいたのです。

ここまで書き込むと、もはや計画書ではないかもしれません 笑

それから十数年、時代は変わり、現在私は登山計画書作成のために大学ノートを使用することはなくなりました。

大学ノートでの計画書は書いていても楽しく大好きだったのですが、残念ながら警察に提出した私の計画書はかなり読みにくかったと思います・・・

何しろ(救助隊にとっては)どうでもいいことばかり書かれていた計画書でしたから 笑

ある日、計画書を提出した時、警察官の方に注意を受けました。

【救助隊】
登山計画書に決まった様式はありませんが、もう少しわかりやすく簡潔に書いてもらえませんか?
今回はこれで受け取りますが、ちょっと読みにくいです・・・
【わたし】
ああ!!すみませーん!!次から気をつけます。
確かに、私が山で何をするか、とか山での目標なんかどうでもいいですよね 笑

そんなわけで、現在私は大学ノートではなくMacbookを使っています。
これだと、どれだけ好き勝手なことを打ち込んでも簡単に編集ができ、提出用の書類と分けることができます。

また、あらかじめフォーマットを作成しておけば時短にもなり、写真も貼り付けることができます。

提出用の書類はその場で作って、すぐにメールで警察署に送信。わざわざ警察署に足を運ぶ必要もありません。

ザックの中にMacbookを入れておけば、休憩時にちょっとした記事を書くこともでき、山で記事を書き上げて、下山した時には1記事完成!なんてことも簡単です。

もちろん山ですから、雨や砂、泥などには細心の注意が必要ですが。

最後に・・

「書類を作成する」なんて堅苦しい言葉で登山計画書を捉えると、どうしてもめんどくさくなってしまいます。

では「登山日記をつける」・・・うーん、やはり「日記」という言葉から三日坊主の匂いがプンプンしますね・・・

基本的に文章を書くことが好きな私。そんな私でも書類を作成だの、日記だの考えてしまうとどうしてもめんどくさくなってしまいます。

そんなわけで、私は登山計画書を「登山紀行文」または「山岳記事」を書くつもりで作成しています。
実際に私が書いた登山計画書を見ると、本当にそんな内容です。

不思議なことに、登山計画書を「登山紀行文」や「山岳記事」と捉えると本当に自由に書けるし、何よりも本当に楽しいのです!

あなたも騙されたと思ってぜひ試してみてください!もちろん手書きのノートでもパソコンでも、あなたの好きな方を使ってください!

ハイキングツアー参加ご予約・お問い合わせ

ハイキングツアーへの参加に関するご相談はお気軽にご連絡ください。
2021.05.21

PCDA手法登山バージョンを実践して最短でベテラン登山家に

PCDA手法登山バージョンを実践して
最短でベテラン登山家に
こんにちは!コピーライター兼登山家の松浦です。
今でこそ、本業の傍ら副業で稼ごうと日々行動し続ける私ですが、かつては本業での出世が全て!とばかりに本業に全てを注いでいた時期がありました。

私の本業は土壌汚染調査業、土木業の一種と言えばわかりやすいかなと思います。当時、社会人1年生だったわたしは、本当に様々なことを自らの失敗をもって学びました。

そこで学んだ多くのことは今も大いに生かされています。今の私の土台となっていると言えるでしょう。

その中でも特に重要で、登山にも生かされている手法があるのです。この手法は私にとってももちろんですが、あなたのような登山初心者には特に重要です。

それはPCDA手法、もしくはPCDAサイクルと言われる考え方です。

きっとこの名称はあなたもご存知のはずです。社会人として会社に所属すれば、真っ先に叩き込まれる手法のはずですから。

ただ、これを登山で生かすにはどうすればいいのか?試しに、私なりの登山でのPCDA手法を解釈して見ました。

するとこれが、ものすごく理にかなっているのです。そこで私は確信しました。

PCDA手法は登山にも生かすことができると!!

そんな私のPCDA手法登山バージョン、ぜひともご一読ください。

そしてあなたの登山にも生かしていただければ嬉しく思います。

計画→実行→評価→改善のPCDA手法

あなたがビジネスマンであるならば、一度は聞いたことのある言葉ではないでしょうか?

いや、もう耳にタコができるほど聞いている人もいるかもしれません。

そうです!PDCAサイクルというものです。つまりこれです↓

”計画(PLAN)→実行(DO)→評価(CHECK)→改善(ACT)”

計画を立て、それを実行に移し、結果について評価し、改善していく、それを元にまた計画を立て・・・

職種や業種に関係なく多くの仕事で、このPCDAサイクルの考え方を基本としていますよね?

【あなた】
せっかく仕事を離れて登山の記事を読んでるのに、仕事をこんなところに持ち込むな!!


と、あなたは思うかもしれません・・でも、ちょっと待ってください。

登山で生かせるPCDA手法

もし、あなたがビジネスの現場で培った習慣が登山でも生かせるとしたら、どう思いますか?

ビジネスの現場でよく使われるPCDAサイクル!もはや常識かもしれません。

実は、登山でも大いに生かすことができるのです。こんな風に!


|計画(PLAN)

どこの山にいつ登るか?これをザックリと決めたら、まず登山届けを作成する必要があります。

登山届けには、登山をする日時、期間、山の名前、行動予定、ルート、メンバーなどを記し、最寄りの警察署へ届けます。

地域によっては登山届の提出が条例で義務付けられているところもあり、違反者には罰則もあります。

もはや登山届の提出は義務!と考えるべきでしょう。



|実行(DO)

登山届けに基づいて実際に山に登ります。

しかし、どれだけ綿密に詳細に計画を立てたとしても、計画通りに行くことなどほとんどありません。

例えば・・

●途中で道に迷う
●登山道具がうまく使えない
●食料が足りなくなった
●石や倒木に躓いて転倒した
●必要なものがザックに入ってなかった
●足を挫いた

等のトラブルに見舞われ、登山届に記載した下山予定時間を大幅に遅れてしまうこともよくあります。

かつて私もトラブルにより、その日の下山を諦めて急遽ビバーグ(緊急時の野宿)をしたことがありました。



|評価(CHECK)

登山時のトラブルには必ず原因があります。トラブルが発生した状況を振り返り、なぜそのトラブルが発生したのか?しっかりと原因を探ります。

例えば・・

・途中で道に迷う
登山地図の読み方が未熟

・登山道具がうまく使えない
練習不足

・食料が足りなくなった
登山経験不足でシュミレーションが甘かった

・石や倒木に躓いて転倒した
慎重さが足りなかった

・必要なものがザックに入ってなかった
準備不足

・足を挫いた
登山靴の選択の誤り

失敗やトラブルには必ず原因があります。そしてその原因は必ず登山実施者であるあなた自身にあるのです。

トラブルの原因を突き止め、しっかりと評価を行います。



|改善(ACT)
評価に基づいて、改善を実施します。

例えば・・

・途中で道に迷う
登山地図の読み方が未熟
 →ネットや書籍で地図の読み方を覚える

・登山道具がうまく使えない
練習不足
 →練習する

・食料が足りなくなった
登山経験不足でシュミレーションが甘かった
  →前回よりも多めの食料を想定する

・石や倒木に躓いて転倒した
慎重さが足りなかった
 →より慎重に!

・必要なものがザックに入ってなかった
準備不足
 →必要なものをザックに入れる
  なければ購入する

  
・足を挫いた
登山靴の選択の誤り
 →登山靴を見直す、または購入する

改善後、再び登山計画を立てる時は、よりレベルの高い登山届けを書くことができ、よりレベルの高い登山ができるようになっているのです。

最高に楽しいPCDAサイクル!

登山技術の向上への道は、PDCAサイクルの繰り返しです!

会社でのPCDAサイクル実施は、出世や給料アップを見込めますが、同時に重い責任も付いてきますよね?

でも、PDCAサイクルによる登山技術の向上は、本当に!楽しいことしか待っていません。

なぜなら、全てあなたのためになることであり、PCDA手法の効果は全てあなたに返ってくるからなのです。

あなたがビジネスで培った技術!ぜひ今度は登山で生かしてみてください!

そうすればあなたは、登山から離れることができなくなっているはずです!

そう!今や登山なしの生活など考えられなくなった私のように。

ハイキングツアー参加ご予約・お問い合わせ

ハイキングツアーへの参加に関するご相談はお気軽にご連絡ください。
2021.05.14

山で負った自分史上最大の怪我とは?後編

山で負った自分史上最大の怪我とは?後編
【わたし】
こんにちは!コピーライター兼登山家の松浦です。
前回の記事

山で負った自分史上最悪の怪我とは?前編

今回は後編です。それではどうぞ!

最悪の怪我にまつわる私の体験談 後編

6月某日 10時。朝ではありません。夜10時です。

私は奈良県のとある駅に到着したところです。
背には60Lのザック、もちろん登山スタイルです。真夜中からの登山・・ではありません。

夜に山岳会のメンバーが集合し、そこから車で山の麓へ向かうという手筈です。

山の麓にはテント場があり、大型のテントに皆でそこで一泊するというわけです。
そうすれば、次の日早朝からゆったり時間に余裕を持って登山ができる!

かつて私が比良山系の山を1人で登るときも、始発の電車に乗って山へ向かっていました。

メンバーは、老若男女様々10名。職業もバラバラです。自営業、弁理士、医者、営業、フリーター、主婦などなど・・そして医者。

入会してから4ヶ月の間に山岳会のメンバーとパーティー登山を数回。メンバーにもすっかり溶け込んでいたのでした。私もすっかり山岳会メンバーの一員です!

車三台に分乗し、一路山の麓へ。3時間ほど車に揺られ、ようやく山の麓に到着。時計はもう夜中の2時を指していました。

全員で一致団結して5名用のテントを1つ、3名用のテントを1つ、2名用のテントを1つを設営。
当然街灯などない山の麓。全くと言っていいほど何も見えない真っ暗闇でしたが、テントを組み立てるのに苦はありませんでした。

【わたし】
テントくらい目をつぶってでも組みたてられるゼ!


大げさじゃなく、本当にそれくらいの技術が身についていたのです。
手際よくテントを組み立てた山岳会メンバーは、明日に備え、すぐにテントに入り就寝。疲れていたのですぐにぐっすり眠りに入りました・・・
翌朝、6時・・くらい。1人また1人とのっそりと起きて、山の清々しい朝を味わう山岳会メンバー。
10分もすると全員がテントから出て、朝ごはんの準備が始まりました。

メニューは味噌と山菜入りの雑炊。山菜はそこらへんに生えていたものです 笑

見るからに美味しそうな雑炊です!・・がテントの片付け、登山準備などがあるので、みんなでテーブルについて「いただきまーす!」というわけにはいきません。

みんなそれぞれ仕事をやりつつ、手の空いたものから順に自分のコッヘルによそって食べます。

私もテントを片付けて自分の登山準備を終えてから雑炊にありつきました。

【わたし】
うまいっ!!
自然のものをそのまま調理し食べる。これもまた、登山の楽しい一面です♫

片付けが終わり、登山準備も終えて、いよいよ出発。

パーティ登山の場合、全員が一列に並んで歩くのですが、誰が先頭を歩くかは決まっています。
先頭はそのパーティのリーダーです。後ろは副リーダー。
その間にあまり経験のない者が入ります。
私はそこそこ経験があるつもりでしたが、リーダーや副リーダーと比べるとまだまだド素人。勉強のつもりで間に入れてもらいました。

そうして山を歩くこと数時間・・山あり、は当たり前で、川の中、滝の上、崖登り・・
登山のエッセンスがギュッと凝縮されたような登山ルートを順調に進む中、私のテンションは・・それはもう!!上がりっぱなしでした 笑
もちろん、6月の川の中はまだまだ冷たいし崖登りでは手が痛いし・・

でも、そんな中私は終始笑顔でした。

山岳会メンバーとの登山、休憩中の談笑、登山中の辛くてシンドい工程も全て含めて、私にとってはこれ以上ない娯楽でした!
そんなこんなで山を登り始めて5時間は経ったでしょうか。

昼の1時、少し長めの休憩後、この山の最大の難所に差し掛かりました。

約20mの岸壁です。ここをロッククライミングで登るわけです。

難所といってもデコボコした石や岩も多く、ロッククライミング的には決して難しい壁ではありません。

ベテランのリーダーが先に登り、ロープを崖上の丈夫な大木にくくりつけました。

そのロープを自分のハーネスに括りつけることでクライミング中の滑落に備えるわけです。

1人ずつ登ることになりました。

さっそく私はハーネスを装着し、ロープの準備をして、私の順番を待ちました。

当然、私は待っている間も笑顔。早く登りたくてもう!ウズウズしていました。そして、いよいよやってきた私の番。
斜面はほとんど90度のまさに「壁」でしたが、ロッククライミングジムで基本的な登り方が身についていた私には特に難しいものではありませんでした。

【泉州山岳会の方】
松浦さん、上手ですね!もうベテランの域ですよ!


5分もかからずに、難なく岸壁の上に到達した私を先に登ったメンバーは口々に褒めてくれました。もう天にも登るような気持ちの私 笑

そして岸壁の上からさらに奥に向かおうとしたその時でした。

目の前の樹木を避けて奥に向かおうと、その樹木に手をかけて岸壁側に体を傾けてしまったのです。

樹木には私の体重がかかり、樹木はバキッと折れました。
岸壁側へ体重を傾けたまま樹木という支えを失った私は、地面に叩きつけられるように転倒。
そのまま今登ってきた岸壁へ向かってものすごい勢いで転がり・・・

2度の体への激痛の後、気がつけば深さ10cmほどの水面に倒れていました。

何が何だかさっぱりわからないまま、そして身体中に激痛を抱えたまま起き上がると山岳会メンバーが岸壁の上で大騒ぎしていました。
ふと、激痛の走る額に手をやるとべったりと私の血が・・

この時、自分に何が起こったかまだわかりませんでしたが、1つだけははっきりとわかったことがありました。
私は20m上の岸壁から滑落した・・・

それからなんとか山岳メンバーに助けられ、応急処置をしてもらった私。
その時点で自覚している症状はこれだけです。

●額の裂傷
●肩の脱臼
●歯の欠損
首の強烈な違和感

首になんらかのダメージがあるのは明らかでしたが、この時まだその正体は不明でした。

首の強烈な違和感をメンバーの1人である医者に伝えると、彼は私を山の麓まで運ぶのはあまりにも危険と判断、ドクターヘリを呼ぶことにしたのですが・・・

私たちがいた場所があまりにも山奥であったため、全員の携帯が圏外・・1本の電波も立つ様子はありませんでした。


そうこうするうちにも衰弱していく私の体。そうして、私たちは決死の覚悟で約6時間かかって登ってきた登山道を降りることになったのです。

激痛に耐えながら、首の強烈な違和感に耐えながら、10名の山岳会メンバーに助けられながら、約5時間後、どうにか私たちは山の麓にたどり着いたのです。

そこにはすでに救急車が待機しており、私はそのまま病院へと搬送されました。

病院に搬送された私は、そのまま治療室へ運ばれ、真っ先に首の状態をMRIで検査することになりました。

そして告げられた驚愕の事実・・

レントゲン写真を見た登山メンバーを含めた医者全員が、背筋の凍る思いをしたそうです。

なんと私の首は真っ二つに折れていたのです!とは言っても、折れて曲がっていたわけではないのですが。

もし山でほんの少しでも首に衝撃があったら、骨の中を走る神経が切れて良くて半身不随、最悪死亡していたそうです。

実際に私と同様の怪我を負った人の多くが一生涯を半身不随のまま、もしくは死亡しているとのことです。

こうして山で九死に一生を得た私は、数年前のある夏を病院の中で過ごすこととなったのでした・・

怪我を乗り越え再び単独行の世界へ・・

これが私史上最大の怪我を負った話です。

命の恩人である山岳会メンバーは、入院中に何度もお見舞いに来てくれたり、差し入れを持って来てくれたり、退院後も連絡を取りあったりしてました。

しかし、やはり最も迷惑をかけてしまった家族の手前、山岳会は辞めざるを得ませんでした。

それから約5年の月日が流れ、ほとぼりも冷めて?再び山に登り始めています。

単独行の世界に再び戻って来たわけです。

油断、気の緩みが怪我を招く

私が山で首の骨を折るという大怪我を負ってしまった原因はもちろん、私自身の未熟さ、油断が最大の原因であることに間違いはありません。

ただ、たとえどんな状況であっても、自分のちょっとした油断が大怪我につながる登山という場面では、仲間と一緒にいるという気持ちの油断は怪我に繋がりやすいとも考えなくてはならないでしょう。

私はこの怪我による山への気持ち、情熱への変化は一切ありません。相変わらず山への情熱を持ち続けています。

私は、今回の怪我は今後の登山家人生を送る上での授業料だと考えることにしています。

あなたが、この記事を読んでどのように感じたかわかりませんが、この記事を読んで山での怪我人が1人でも減れば最高だと思います。

前編の記事はこちら

山で負った自分史上最悪の怪我とは?前編

ハイキングツアー参加ご予約・お問い合わせ

ハイキングツアーへの参加に関するご相談はお気軽にご連絡ください。