2021.07.27

会社を辞めてパーティー登山の真髄を知った

会社を辞めてパーティー登山の真髄を知った
こんにちは!コピーライター兼登山家の松浦です。
今回は「パーティー登山と会社経営について」記事を書いてみようと思います。

業績を上げている企業とそうでない企業、その差がどこにあるか?私なりの考察です。

それではどうぞ!

チーム力が必要な会社経営と登山

[あなた]
富士登山で言えば、我々はまだ1合目を登り始めたばかりだっ!

[あなた]
今期の会社の業績は、ちょうど5合目に差し掛かったところだと思っている。

[あなた]
早く頂上を目指すゾッ!!

・・てな感じで、登山ってよく会社の業績や業務の工程に例えられます。

確かに登山は例え話に使いやすいですよね。

一歩一歩頂上へと向かっている状況は、会社での自分の成長に例えやすいし、会社の業績も同様です。

そして自分の目標を達成した時の達成感、充実感はまさに登頂した時に感じる時のものと同じです。程度の差こそあれ。

しかし、最近は経営を登山に例えるどころか、登山そのものを経営に役立てる傾向が強いのです!

例えば、重い荷物を背負いながらパーティーを率いて頂上を目指す登山は、経営者がリーダーシップを発揮し、前例のない様々な問題を手際よく解決しながら、進むべき道を切り開いていかなければならない会社経営と極めて似ています。

これまで日本企業の経営陣やチームの社交の場と言えば、ゴルフに行くことが当たり前でした。

近年、急成長を遂げている企業は、ゴルフの代わりに登山に行くことを習慣にしていることも多く、例えば、楽天の三木谷氏は毎年恒例であった役員幹部のゴルフ旅行を7年前に取り止め、幹部チームを引き連れて、毎年、谷川岳に登ることで、お互いの親交を深め、チームとしての結束力を強くしていると言います。

通常、登山というのは常に危険と隣り合わせのため、会社経営以上にチーム力が必要とされます。

そういった意味で、いくら経験豊富な登山家と一緒でも、仲間も思いやれない人たちであったら、お互いの命を預ける相手として不安を感じざるを得ません。

また、いくら付き合いやすくて、話しやすい人たちでも、山で生き延び成功するだけのスキルを持ち合わせた人でなければ、「登頂する」という目的を果たすことはできません。

チームワークとスキルが揃ってこそ登頂が可能になる!会社経営とも相通じるチーム力が必要なのです。

登山に会社経営の真髄を見出した「言葉」

アウトドアブランドであるモンベルの創業者、辰野勇氏も、登山と経営は似ているとして、次のように述べています。

"登山中に、“雨が降れば危険な状態になる可能性がある”と判断できても、“登り続けるのか、下るのか”という決断を下して行動に移せなければ、状況は変わらない。登山ではまさに、そんな決断を瞬時に行わなければ、命にかかわる。

会社経営もよく似ている。とりわけ、創業者にはカリスマ的なリーダーシップが求められる。前例のないさまざまな問題を手際良く解決しながら、進むべき道を選択して行動し続けなければならないからだ。

やがて歳月を経て世代も代わり、先人の踏み固めた道を隊列を組んで歩くようになれば、リーダーは先頭を行くのではなく、最後尾のしんがりからから隊全体を見て、進む方向を示すことになるのではあるまいか。"
例えば、金融投資の提案書は「過去の実績は必ずしも将来の結果を示すものではありません」という言葉がつきものですが、これは登山にもそのまま当てはまります。

同じ山に5回すんなり登頂できたからと言って、6回目もすんなりと行くとは限らないのです。

ゴールドマン・サックスからアメリカ初の女性エベレスト遠征隊隊長、七大陸最高峰登頂を達成したアリソン・レヴァイン氏は登山から学んだ経営論について次のように述べています。

"たとえあなたが自分のチームのスキルに100パーセントの自信を持ち、頼もしい実績もあるとしても、やはり助けが必要な状況に陥る可能性はあるということだ。 どんなに優秀で経験があっても問題が起きる可能性はある。だからこそ、 ピンチのときに頼れる人間を周囲に集めておくといい。まったく予想もしなかった場面で支援が必要になる場合もあるからだ。"

また、世界的に有名な登山家であり、ビジネスリーダーでもあるAdrian Ballinger氏は次のように語っています。

"特に高い標高にさしかかった時、リーダーシップと決断力が命運をわけます。山は“間違い”が、直接怪我や死につながることを教えてくれる数少ない場所で、その体験が生涯忘れられない先生となることでしょう。"
アクティビティ
METS
徒歩
3.5
ハイキング
7.8
10kgの荷物を持って山を登る
8.3
水泳
9.8
マラソン
13.3
雪山登山
15.5
出典:身体活動のメッツ(METs)表

登山は7〜9METsと言われていて、ジョギング・スイミングと同程度です。厚生労働省のまとめている運動強度一覧表では一般登山で8.3METsとされています。

例えば、体重60kgの男性が8.10kgのザックを背負って6時間かけて山に登るとしましょう。登山のMETsは8.3であり、これを先ほどの計算式に当てはめると3660kcal程度の消費カロリーになります。すでにかなりの消費カロリーですが、これに基礎代謝を含めると男性なら余裕で5000キロカロリーを越えます。

5000キロカロリーというと、マクドナルドのビッグマックがなんと約10個分!!とんでもない消費カロリーです。
ここでもしあなたが「消費カロリーが大きい→痩せる」という単純な図式を頭に思い浮かべたのであれば、ちょっと待ってください。

これを実際に行うことができれば確かにカロリー消費の効果は抜群です。しかし、登山経験のない人が行なうことはほぼ不可能です。そもそも10kgを背負って坂道を延々と歩く下地が出来ていません。まともに歩けて30分程度ではないでしょうか。

でもあなたはものすごい根性の持ち主で、なんとか6時間山道を歩き通した!ということにして話を進めます。
私と小説「神々の山嶺」との出会いは、原作者である夢枕獏を経由したものでした。と言っても別に原作者に直接お会いできたわけではありません。

約10年前、当時ビジネスマン向けに発行していた月刊誌「KING」で、夢枕獏氏は自身の旅行記の連載を持っていました。わずか2〜3ページの短い連載ページでしたが、その文章は知性に溢れ、ユーモアセンスに富み、人を惹きつけるに十分な魅力を持ったものでした。

[わたし]
なんでもいい!この人の著書を読んでみたい!


そんな強烈な願望を持ち、すぐにyahooで夢枕獏氏の著書を調べてみました。数々の小説タイトルがヒットしましたが、ジャンルに偏りはなく、オカルト、SF、時代物、格闘技と多岐に渡っていました。

そんな中で一際私の目を引いた小説が「神々の山嶺」だったのです。夢枕獏氏の代表作ともいうべき作品とあり、何よりも私自身が登山にのめり込み始めた頃だったということもありました。

数日後の仕事帰りに、大阪は梅田の大型書店「紀伊国屋」へと立ち寄り小説コーナーを物色するとすぐに発見、分厚い単行本の「神々の山嶺」が上下巻に別れて陳列されていたのです。

1ミリも迷いことなく、ただちに上下巻を手にしてレジへと走り、ウキウキ気分で帰路につきました。

その日はちょうど金曜日。再び出勤する日までの2日間、私は「神々の山嶺」の世界に没頭することとなったのでした。

過剰なストレスでロボットと化した現代人

都会の生活は、エアコンの温度が一定、街の明るさが一定で生活に変化がなく、ビルケント大学で心理学の教授を務めるディビッド氏によれば、通勤ラッシュに巻き込まれる人が受けるストレスは、臨戦態勢の戦闘機のパイロットや機動隊の隊員が受けるストレスよりも大きいと言います。

日本医科大学のチン・リー助教授の研究では、森林の中で時間を過ごすことで、ストレスや心配事、そして怒りが軽減されることが分かっており、社内の意思疎通やコミュニケーションが上手くいかないのは、都会という人工的な環境が、人間が本来持っているはずの「人間性」を制御してしまっていることが原因なのかもしれません。

都会で生活していると、同じ職場内でも日々の忙しさに追われて、挨拶をしなかったり、素直にコミュニケーションを取ることができなかったりします。あなたにもに身に覚えがあるはずです。

しかし、大自然の中に身を置くとそれがガラリと変わり、全く知らない人同士でも、テントで隣り合わせになると、自然と「おはようございます」と挨拶をしたり、キャンプファイヤーの火を目の前にすると、なぜか自然と自分の悩みや本音を話してしまったという経験は、誰しも思い当たるのではないでしょうか。

マイクロソフトに事業を売却した経験を持つ日系2世の起業家、斉藤ウィリアム氏は、イノベーションを起すためにチームの重要性を指摘していますが、今の日本社会はアメリカ以上に個人主義の国になってしまった、と述べています。

あなたが企業やグループのリーダーであれ、遠征隊のリーダーであれ、チームや組織を大事だと考えていることをチームに伝えるためには、彼らの家族や趣味、そして将来の夢など、仕事以外のもっと深いレベルまで知る必要があります。

その結果、彼らが「自分は価値のある人間」だと知ることで、初めて強い絆が生まれてくるのです!
救急救命法は、講習会などに参加して実地に習得するのが早道です。代表的な講習会に、日本赤十字社の全国の支部で実施している救急法講習会があります。日常生活や社会的な災害時にも役に立つ知識です。
以前、山に”似合う”車ということで記事を書いたことがありました。

「山に”似合う”車とは?雰囲気重視の車選び」

登山をするために「便利な」ということではなく、山に合う車は何か?ということで
私がシェアした車がミニクーパーでした。

街乗りのイメージが強い車ですが、実はかつてラリーで優秀な成績を収めたこともある
悪路にも強い、とてもパワフルな車なのです。

しかも、小さいボディーにも拘らず内装は広く、登山で使う程度の荷物ならば楽々入ります。
さすがに車中泊はちょっと辛いのですが、それは外にテントを張って解決!

まるで自分の相棒のような、親友のようなミニクーパーが最も山に似合う車と思っています。

適度な階層制度は必要

近年、日本では「個人」に焦点が当てられ、課長、部長のような縦社会ではなく、役職を出来るだけ廃止した職場環境を作ろうとしている雰囲気があります。

ただ、どれだけフラットな関係を意識した組織作りをしたとしても、企業が同じ方向を向いて進んでいくためには組織を引っ張っていけるリーダーの存在が不可欠となります。

グーグルでは数ヶ月だけ、マネージャーというポジションを無くすという実験が行われましたが、効率的なコラボレーションを促進させたり、明確な戦略とビジョンを持つためには、ある程度の階層制度が必要なことに気づいたそうです。

そういった意味でも登山は、リーダーシップの能力を最大限に発揮して、チーム全体・組織全体で一つの目標を達成するためのトレーニングとしては最高の舞台、なのかもしれません。
紅葉谷コース
約700本もの紅葉やカエデを見ることができる紅葉谷公園を通るコースです。紅葉の季節には、素晴らしい景色を見ることができます。
大聖院コース
霊峰・弥山のふもとにある真言宗御室派の大本山である大聖院。宮島で最も歴史の古い寺院です。弘法大師空海が弥山を開基して以来1200年の歴史を持ち、皇室との関係も深いお寺でもあります。ここでの参拝を兼ねたコースです。
大元コース
桜の名所として知られ、厳島神社より古い歴史ある神社です。柿(かわら)葺屋根は日本で最も古いと言われ、現存する唯一のものです。ここでの参拝を兼ねたコースです。
今回の登山は、神社や寺院での参拝をメインにしたものであるので、選ぶコースは大聖院コース。

厳島神社を後にして、約5分歩くと大聖院に到着です。大聖院は概ね登山コースのスタート地点に位置します。
門の左右には大迫力の仁王像がお出迎え。いや、お出迎えと言うよりも「この聖域を汚す奴は許さん!」と、恐ろしく気合いの入った雰囲気です。この大聖院が歴史上いかに重要な寺院かということを物語っているかのようです。身の引き締まる思いで一礼して門をくぐると、その先には長い石階段がそびえ立っています。

石階段の左側をふと見下ろすと、そこには無数のお地蔵様が並んでいました。山ではところどころにお地蔵様が祀られていることはよくありますが、これだけ無数に並んでいるところは初めてみました。
しかもよくよく見ると、単なる石像ではなく、1体1体全て違う表情をしています。魂が込められたお地蔵様を具現化した姿のようにも見えて非常に興味深いものでした。

お地蔵様を横目にさらに階段を上がると、左手に釣り鐘がありました。どうやら誰でも自由に突いてもいいようです。
4人で順番に突くこととなり、それぞれ鐘突きに挑戦!鐘突き棒(撞木という)から垂れる縄を後ろに引き、振り子の原理に自身の力を加えて勢いよく釣り鐘を叩く!

ゴ〜〜〜ン・・・

独特の音色が辺り一面に響き、周囲の山々へと吸収されていきます。心なしか私の脳みそにまで音色が吸収されたかのような錯覚を覚えました。いい音色でした・・・

釣り鐘を後にし、さらに階段を上がると、大聖院の本堂である摩尼殿に到着です。

本殿の中は非常に荘厳で近寄りがたい雰囲気がありましたが、本殿手前の広場は、仏具などの露天商があり、聖と俗がいい感じに融合している様子で非常に居心地の良い空間でした。

大聖院でゆっくりと休憩をとり、階段を下りていよいよ本格的な登山開始です。おっと、その前に大聖院からの風景を一眼レフに納めたので、ご紹介します。遥か遠くまで見渡せて素晴らしい風景でした。

リーダーに守られている安心感が最高の能力を発揮する

登山と同じように常に危険と隣り合わせの環境にある軍隊では、自分を犠牲にして他人を助ける人に勲章を与えますが、ビジネスの世界では、会社に利益を与えてくれた人にボーナスを支払います。

登山や軍隊では、自分を犠牲にしてまで仲間を守りますが、会社では社員に数字を競わせ、いち早く出世することが推奨されます。

アメリカのベストセラー作家であるサイモン・シネック氏は、なぜ軍人達が自分を犠牲にしてまで仲間を守ろうとするのかという内容を著書「リーダーは最後に食べなさい」にまとめました。本の中でのシネック氏の主張はこうです。

"軍隊に所属する人たちは、ただ人間味が素晴らしい人たちの集まりでは決してなく、リーダーに守られているという安心感があるからこそ、自分を犠牲にしてもチームワークを尊重し、最大限のパフォーマンスを発揮することができるのだ。"

ただ、クリエイティブで常に業界の流れを作っていく組織は、多くの人がイメージする日本の典型的な年功序列や縦社会の文化とは全く違った階層制度を意識していることは間違いないでしょう。

日本を代表する登山家、栗城史多さんは「楽しくなかったら、下山しろ。」と述べています。

しかし、どんなに厳しい状況であっても楽しめるからこそ続けることができる、そういった意味で、登山にしても経営にしても、リーダーや組織のメンバーが「楽しめている」かどうかは、ひとつの大きな判断基準になっていくのかもしれません。
固形タイプ

つまり、基本的には液体タイプを使用し、チョークバッグにはカットした固形タイプのチョークを入れておきます。

そうすることで、粉末の飛散を最小限に抑えることができ、しかもより適量のチョークを手につけることができるようになるのです。

また、固形タイプのチョークは比較的安価であるため、経済的にも優れたセットです。

まとめ

経営者、政治家、心理学者、そしてスポーツ監督、リーダーシップについて書かれた本ならいくらでもありますが、それらを読んで分かった気になるのではなく、登山というプロセスを通じて、実践に移すことで、その経験が組織の細胞に組み込まれていくことでしょう。

ただ、当たり前のことかもしれませんが、パーティー登山をする上で、登頂当日の行動だけが重要なのではありません。日々の他人への接し方ひとつが、本当の困難に直面した時の命運をわけることになりますが、そういった意味でも、やはりパーティー登山と会社経営は似ているところが多いのでしょう。

過食でも体重が確実に落ちる登山

もしあなたがカロリー消費目的で登山をするのであれば、食事制限などは一切行わず好きなだけ食べて登山に挑んでください。心配ありません。それでも体重は確実に落ちますから。

1日8時間を超える山行や2泊縦走をすると、食べられる限界まで食べても結果として栄養素が足りなくなり体重が落ちます。体内の水分・脂肪・筋肉を大量に消費した結果です。登山はあまりにもカロリーを使いすぎるのです。

脂肪だけ燃えてくれるのならば万々歳なのですが、筋肉が過度に消耗しているため大量に栄養補給して回復することは必須です。

あまりにも危険な登山ダイエット

あなたの身体の栄養素が枯渇すると何が起こるか?

①身体が動かなくなる
②糖がなくなり脳が働かなくなり遭難する(事故をおこす)
③筋肉を著しく消費する
山岳事故で最も多い原因は、疲労と集中力の低下からの遭難です。元気な状態ではまず事故は起こしません。エネルギーを使い切ると道標は見えて確認したつもりでも1分後には全て忘れています。

登山ではそれだけ身体を限界まで追い込まれるため、登山届があり、岐阜県の北アルプスでは未提出者は罰金を支払うほどの条例ができました。

登山届けについてはこちら

遭難を事前に予防!登山計画書の書き方とは

そもそも登山を楽しんでいる人は、登山でカロリーを消費しようなんて危険な発想をしません。むしろ「膝に負担がかかるから減量して次の山行に備えよう」という考え方をします。

北アルプス縦走レベルの山行経験がある人ならば経験として栄養枯渇と疲労がいかに危険かがよく分かると思います。逆に「たかが有酸素運動。ダイエットで大げさすぎる」のように登山と有酸素運動の区別がつかない知識の人ほど遭難するとパニックを起こし事態を悪化させます。

登山では、4〜6時間かけて山頂を目指すことなど当たり前。そこから4〜6時間かけて下山することも想定して計画を立てるのです。仮に山頂付近で怪我をしてしまっても、どうにかして下山しなくてはならないのです。山頂付近で救急車を呼ぶわけにはいかないのです。その点、故障したら競技を中止できる一般のスポーツとは大きく異なります。

工夫次第で効率の良い登山ダイエット

もしあなたが「登山前、登山中、下山後は全力で食べて結果として体重を落ちればラッキー」と考えるならば登山をオススメできます。ぜひ山を満喫して楽しんでください。

私の場合、3泊縦走で大体3kg程度体重が落ちます。殆どが水分なので下山後5日間で体重が元に戻ります。私はダイエットをしないのであまり体重を気にすることはありませんが、登山で体重を落としてから普段の過ごし方に注意すれば、結果として効率の良いダイエットにできる可能性はあります。

例えば、週1回の登山よりも毎日の晩御飯の白米をカットした方が明らかに早く体重が落ちます。リバンドさせない自己管理ができるならば、登山は効率のいいダイエット方法です。

どんなに危険な道具も手法も、要は使い方次第であり、使う人次第です。登山というものをより深く理解し、あなたの人生に役立ててください!

丹沢登山 テント泊の夜

ザックを下ろして、中からテント道具一式を取り出しすぐに設営。慣れない人にとっては時間のかかるメンドくさい作業ですが、私にとってテントの設営は赤子の手をひねるようなもの。しかもこの日は風もなく、絶好のテント泊の夜と言えるでしょう。

ものの5分ほどでテント設営し、さあ!いよいよ待ちに待った夕食タイムです。この日のディナーは鯖の缶詰を混ぜた炊き込みご飯とインスタント味噌汁、デザートにバナナ。食後にはバターコーヒー。これ以上ないくらいの最高の贅沢です。

手際よく夕食を調理し、ゆっくりと味わって完食。サッと片付けてしまうと後はシュラフに入って寝るだけ。しかし、私の場合、すぐには寝ません。

数時間もずっと歩きぱなしで、しかもお腹は満腹。シュラフに入って目を閉じればすぐに眠りに落ちることはわかっていましたが、この最高の夜をもっと満喫したい!という思いもありました。

そんな時の夜の過ごし方は決まっています。ウィスキーの水割りを片手に愛用のiPhoneでジャズを流し、そしてLEDの灯りで本を読む。

これほど贅沢な夜の過ごし方は他には絶対にない!と断言できます。

そうして過ごすこと約1時間。ウィスキーの効果もあり程よい睡魔に襲われた私は、ここが頃合いとばかりに本を閉じ、LEDを消してシュラフにもぐりこんだのでした・・・

丹沢登山と出発の朝

時刻は朝の4時30分。普段だとものすごい早起きですが、山の朝としては一般的です。テント泊の場合、夜は8時には寝てしまうので、必然的に朝は早く起きてしまうのです。

昨晩の私は1時間ほどジャズを聴いたり本を読んだりしていましたが、それでも9時には眠りにつきました。で、この時間に目覚めたというわけですね。

ウェットティッシュで顔を拭いて、水筒の水をゴクリと一飲み。しっかりと目覚めたところで、朝食の準備に取り掛かります。

朝の献立は、白ご飯と梅干しとインスタント味噌汁。昨晩と同様に手際よく作り終えて、サッと朝食をすます。

片付けも終えてホッと一息すると、早速登山客が私のテントの前を通ります。その手にはプロ仕様の高級カメラ。早朝の美しい朝日の写真を撮りにきたのでしょう。
[わたし]
おはようございます!早いですね!

[カメラマン]
おはようございます!いい朝ですね!最高の写真が撮れそうです。



いい笑顔で返事してくれましたが、写真撮影に集中したい様子。それ以上の会話はご遠慮して、テントの片付けに取り掛かることにしました。

10分ほどでテントをたたみ、すべてのものをザックにしまい込んで、登山準備万端!再び丹沢山へ向けて歩き始めたのでした。

丹沢山ルートのもうひとつの目的地 塔ノ岳

花立山荘を出発した私は、まず塔ノ岳を目指しました。塔ノ岳とは、丹沢山ルートの中でも有名な山頂。ここまでの途中何度も「塔ノ岳まで〜m」という案内表示を見ました。丹沢山ではなく、塔ノ岳を目指す人も多いようです。
実は私も、昨日は塔ノ岳でテントは張るつもりでした。しかし、あたりが真っ暗になる寸前だったため止むを得ず花立山荘でテントを張ることにしたのですが・・・後ほどこの選択が正しかったことを思い知ることになります。

さて、テント泊の利点は様々ありますが、日の出を見ながら山道を歩くことができる点も大きな利点の1つです。まっさらな太陽の光を浴びながらの登山は、身も心も癒される素晴らしい体験です。

前日中にたどり着こうとして断念した塔ノ岳。テントを張った花立山荘からだと30分ほどの距離なので、すぐに到着するはず!と考えていた私ですが、実際本当に30分ほどで塔ノ岳に到着しました。

さて塔ノ岳山頂ですが、中心に塔ノ岳山頂を示す立派な石碑が構えており、その石碑を取り囲むような配置で大小様々な石がゴロゴロと転がっていました。そのすぐ奥には2階建ての立派な山小屋が建っており、その脇では、宿泊客らしき男性が眠たそうに歯磨きをしていました。なんとも生活感溢れる光景です。

そんな生活感溢れる山小屋がちょっと珍しく、しばらくその雰囲気を味わってみようと塔ノ岳山頂で一息入れることにした私。ザックを下ろしてしばらく手頃な石に腰をおろしていると、山小屋の窓が次々と空き始め、ワイワイガヤガヤと騒がしくなってきました。

どうやら多くの登山客が宿泊していたようで、次々と山小屋から人が出てきて、顔を洗ったり、背伸びしたり、ラジオ体操を始めたり、談笑したりと実に賑やか!

こんな山頂の光景も悪くない!とばかりにしばらくそんな微笑ましい雰囲気を味わっていましたが、やはり山の早朝は静けさが相応しい!とばかりに早々に塔ノ岳をあとにして、丹沢山へと向かったのでした。

ついに到着!丹沢山山頂

塔ノ岳から丹沢山までの山道は、稜線の道。細い一本道ですが、比較的平坦で歩きやすく、しかも山道の両サイドを見れば最高の絶景を楽しむことができます。

そして、丹沢山は比較的富士山が近く、稜線からも美しい富士山の姿を楽しむことができます。
そんな稜線を歩くこと約1時間ほど、ついに丹沢山山頂に到着することができたのでした!
さて今回の丹沢山山頂を目指した登山、本来ならばルートの途中途中の山小屋に宿泊すべきところを、掟破りのテント泊をしてしまった私。確かにこれほどしっかりと整備されている山道だと山小屋での宿泊が正しいとは思いますが、場合によってはテント泊も有りかな?と結論づけました。

ただし、テント泊をした形跡を一切残さないこと!これが大原則です。これさえ守れば、テント場でなくとも、どこでもテントを張ることはできると思います。

普段は日帰り登山がメインの私ですが、今回の山行で改めて「やっぱりテント泊は最高だっ!」と実感したのでした。

ハイキングツアー参加ご予約・お問い合わせ

ハイキングツアーへの参加に関するご相談はお気軽にご連絡ください。
2021.07.19

登山ブログで証明!私のネットビジネス成功の法則とは?

登山ブログで証明!私のネットビジネス成功の法則とは?
こんにちは!登山家の松浦です。
以前、私がこの登山ブログで毎月30万円の収益を得ていること、そしてその秘密をあなたに暴露したことがありました。

登山ブログで月30万円の安定収入を得る私が参加した超おすすめプログラムとは?

実は、この記事の投稿後、記事を読んだ方から様々なコメントをいただきました。

・「IBAについてもっと知りたい!」
・「IBAをどのように活用して、成功されたのですか?」
・「月30万円も稼ぐなんて信じられません!もっと詳細を教えてください!」
・「IBAでも稼げなかった人もいるのでは?」等々・・・
そこで、IBAについてさらに詳しく!今度は私の具体的な活用方法、そして他のIBA参加者のネットビジネス成功体験、また、IBAを活用しても稼ぐことができなかった人の声もあなたに紹介していこうと思います。

ぜひとも最後までご覧下さい!

IBAの効果と口コミはどうか?IBAの真実は?

あなたはIBAという名の情報商材を知っていますか?

IBAは略称で、正しくはインターネットビジネスアカデミーといい、各単語の頭をとってIBAというわけです。

このIBA、「本物の稼ぐ力が身につく情報商材」としてSNS上の口コミで話題沸騰中です。
・・・ただ、これだけ大人気商材の宿命か、IBAの人気にあやかって似たような商材も次々と登場しています。
もちろん、商材としての完成度は天と地ほどの差があり、その効果は比べるまでもありません。
IBAと他の商材との決定的な違い、それは他の商材が決して真似できないある特徴なのです。
だから、IBAの参加者は・・・
・ネットビジネスで月30万円をかせげるようになった!
・単に稼げるようになっただけでなく、ネットビジネスの仕組みを深くまで理解できた!
・ネットビジネスで脱サラし、これまでだと考えられないような自由な時間を作ることができた!
という口コミがたくさん寄せられています。
・・・とはいっても、その口コミって本物なの?と聞かれると、残念ながら本物であることを証明する手段はありません。
実はネット上の口コミの中にはいい加減なものもあって、中には、お金をもらってよい口コミを投稿しているような人もいます。先ほどの口コミは、間違いなく本物なのですが・・・
そこで、実際にIBAに参加された方々のリアルな良い口コミと悪い口コミの両方を見比べて、本当に価値を検証してみようと思います。
私と小説「神々の山嶺」との出会いは、原作者である夢枕獏を経由したものでした。と言っても別に原作者に直接お会いできたわけではありません。

約10年前、当時ビジネスマン向けに発行していた月刊誌「KING」で、夢枕獏氏は自身の旅行記の連載を持っていました。わずか2〜3ページの短い連載ページでしたが、その文章は知性に溢れ、ユーモアセンスに富み、人を惹きつけるに十分な魅力を持ったものでした。

[わたし]
なんでもいい!この人の著書を読んでみたい!


そんな強烈な願望を持ち、すぐにyahooで夢枕獏氏の著書を調べてみました。数々の小説タイトルがヒットしましたが、ジャンルに偏りはなく、オカルト、SF、時代物、格闘技と多岐に渡っていました。

そんな中で一際私の目を引いた小説が「神々の山嶺」だったのです。夢枕獏氏の代表作ともいうべき作品とあり、何よりも私自身が登山にのめり込み始めた頃だったということもありました。

数日後の仕事帰りに、大阪は梅田の大型書店「紀伊国屋」へと立ち寄り小説コーナーを物色するとすぐに発見、分厚い単行本の「神々の山嶺」が上下巻に別れて陳列されていたのです。

1ミリも迷いことなく、ただちに上下巻を手にしてレジへと走り、ウキウキ気分で帰路につきました。

その日はちょうど金曜日。再び出勤する日までの2日間、私は「神々の山嶺」の世界に没頭することとなったのでした。

IBAのネットビジネス成功体験!!良い口コミ

トラック運転手をやめて人気ブロガーに!
私はトラック運転手でした。夜通し運転して、トラックの仮眠室で3時間だけ寝てまた運転・・・そんな生活を数年間続けてとうとう身体を壊してしまったのです。数日間だけ入院して半ば無理やり退院。とはいえ、会社に私の席はありませんでした。「とうとうクビかあ・・・」本来ならば、絶望するところですが、私は違いました。入院中にIBAに出会うことができたためです。たったの300円で入会し、1か月間ネットビジネスを学ぶことができるというシステムは、もう私のために考案された商材だとすら思いました。入院中にブログを立ち上げ、アフィリエイトにも挑戦!すぐに稼げるわけではありませんが、ネットビジネスの基礎を学ぶことができたのは本当に良かったです。ここが私の人生の分岐点であり、人生が好転した瞬間でもありました。今では月40万円程ブログで稼いでおり、何不自由ない生活を送っています!

ノウハウコレクターだった私を救ってくれたIBA!
会社勤めをやめたくて、数々の情報商材を次々と購入してしまいました。とにかく自分で稼げるようになりたい!その一心でした。その結果、貯金は底を尽き遂には借金生活に・・・。それでも懲りずに次こそは・・・次こそは・・・と情報商材を買いまくり、とうとう借金は100万円の大台に達してしまったのです。そんなある日出会ったIBA。まずはその安さに驚きました。300円!?これまでの情報商材の価格はほとんどが10万円前後で、高いものは30万円~50万円でした。「300円じゃたいしたことないだろうな・・でももしかしたら・・」と藁をもすがる思いでIBAへの入会を決め、その中身を確認すると、まず、いきなり自分がなぜこれまで稼げなかったのかが判明してしまったのです。ネットビジネスの基礎力があまりにも不足していたのです。
そのことに気づかせてくれたIBA!これは本物に違いないと、専用サイトの動画を一心不乱に見まくりました。そうして今、私は、アフィリエイトで月30万円を安定的に稼ぐアフィリエイターとなっています。もちろん脱サラも成功です。とは言っても、これで満足するわけにはいきません。さらに上を目指して様々なビジネスに挑戦しようと思っています。

母の介護をしながらかつての本業以上の収入を得ることに成功!
実家の母が突然倒れたとの連絡を受け実家へ帰ると、そこには1人では立つことすらできない母の姿がありました。数年前に父も他界し母の面倒見ることができるのは私しかいない。そういう状況ではもはや選択肢はありませんでした。実家で母の介護をするために会社を退職し、地元で時間の融通のきくパートを始めました。初めはそれで何とかなると思っていました・・・が、介護は思いの外重労働で、しかもお金がかかります。パート代で賄うことはできず、貯金を切りくずすしかありませんでした。このままではすぐに貯金がなくなる・・・そんな中たまたまメルマガでIBAのLPを見つけ、これにかけようと思いました。入会して1ヶ月、真剣に勉強した結果がすぐに現れました。それから3ヶ月が経過し、今ではパートの給料をはるかに超える収入を得ています。しかも、介護の合間にできる!私にとって、これが一番のメリットです。
以前、山に”似合う”車ということで記事を書いたことがありました。

「山に”似合う”車とは?雰囲気重視の車選び」

登山をするために「便利な」ということではなく、山に合う車は何か?ということで
私がシェアした車がミニクーパーでした。

街乗りのイメージが強い車ですが、実はかつてラリーで優秀な成績を収めたこともある
悪路にも強い、とてもパワフルな車なのです。

しかも、小さいボディーにも拘らず内装は広く、登山で使う程度の荷物ならば楽々入ります。
さすがに車中泊はちょっと辛いのですが、それは外にテントを張って解決!

まるで自分の相棒のような、親友のようなミニクーパーが最も山に似合う車と思っています。

詐欺教材ではないと思うけど・・・悪い口コミ

やはり本業を優先してしまう・・・
300円という安さ、そしてネットビジネスの基礎の重要性を感じ、入会しました。動画も視聴したのですが、実際にやるとなると仕事が忙しくてなかなかできません。もともとこづかい稼ぎ程度の考えていたので、本業を犠牲にしてまでやることじゃないなと思い、退会しました。

ネットど素人には難しい・・・
パソコンの知識が全くと言っていいほどなくても、IBAならば基礎から学べると思って参加したのですが、難しくて全然ついていけません。講座を聞いても結局どうやって稼ぐまでに至るのか・・・イメージがわかなくて、このままではお金だけが無駄に消えていく気がしたのでやめました。

自分には向いていない
動画ではさも簡単に稼げるかのように言っていましたが、全然稼げません・・・動画自体は面白くて勉強にもなったのですが、やはり自分には向いていないのかなと思いました。



様々な口コミの投稿がありましたが、しっかりと活用して人生が好転したという人が多いようです。IBAの講座は、ありとあらゆるネットビジネスにも対応できるように基礎を身につけることを目的にしています。

人それぞれ自分にあったビジネスがあるはずです。

・ネット転売に面白さを見出した人
・文章を書くことが好きなので、コピーライターやアフィリエイターを目指す人
・動画を撮って配信することに楽しさを覚えてYoutuberになった人
・自分の趣味をコンテンツにして販売し、収益を獲得する人
・これまでにない全く新しいビジネスに挑戦する人
等々・・・

どんなビジネスに挑戦するにも必ず身につけておかなくてはならない基礎をIBAで身につけることができるのです。

良い口コミを投稿された方は、IBAのそんな目的をしっかり理解して行動に移して成功されたようですね。素晴らしいと思います!

一方、入会したものの思うような結果を得られず、退会された方もいらっしゃいます。そんな方々の共通する点は「結局本気で取り組むことができなかったこと」のように思います。

ネットでよく見る「1ヶ月で50万円稼ぎました!」「1年で年商1億円突破!」という宣伝文句がありますが、それに感化されてネットビジネスに取り組み始めたという人が多くいらっしゃいます。

ただ、ネットビジネスの基礎が身についている人が、死に物狂いで頑張って得た結果なのです。簡単に稼いでいるように見えますが、決して簡単ではありません。

結果を得ることができなかった方々は、それを勘違いされているのかもしれませんね・・・

「小遣い稼ぎにちょっと始めようかな♪」は大いに結構だと思いますが、始めた以上は本気で取り組まなくては稼げないということです。

私がどのようにIBAに取り組んだのか

私のIBA経験談を話す前に、IBA入会前の私について少しお話をさせてください。

私のネットビジネスはヤフオクの不用品販売からスタートしました。

とはいえ、その時はビジネスという感覚は全くなく、ただただ不要なものを売って家の片付けをしたいというだけのことでした。

ところが、その時私の懐に飛び込んできた収入はなんと10万円!!

会社からの給料ではなく、自らの手でお金を生み出した初めての瞬間でした。社会人としての初給料以降、これほど興奮したことはありませんでした。

では、そこから転売ビジネスを始めたかというと、答えはNOです。

当時、独身だった私はお金に困っておらず、毎月の給料を使いたい放題の生活をしていた のです。それ以上稼ごうなどとは、夢にも思いませんでした。

しかし結婚後、給料が嫁の監視下に置かれ、自由に使えるお金が給料の1/10に激減してしまいました。そこでネットビジネスをせざるを得ない状況となったのです。

転売ビジネス開始!
そこで出会った転売ビジネスの情報商材。利益がでる仕組みは極めてシンプルで、情報商材の教え通りにビジネスを進めれば、間違いなく莫大なお金を稼ぐことができると思っていました。

なぜなら、その時私は転売に関して全くの未経験者というわけではなく、ネット上に私物を出品、販売するというヤフオク活用術を身につけていたので、自分が転売ビジネスで莫 大な利益を生む出すことに1ミリの疑いも持たなかったのです。

ところが、大失敗・・・

ただ、私物をネット上に出品、販売するだけ不用品転売と、実際に商品を仕入れてそれを販売する転売ビジネスのあまりにも大きな差を思い知ることになったのでした。

失意のドン底の中、運命に導かれるかのように出会ったのがIBAのメルマガでした。

自分がなぜ稼げなかったのか?失敗したのか? 何もわからないままだった私は、とにかくIBAのメルマガのこれらの言葉に何か惹かれるものを感じ、IBAにかけてみようと思ったのです。

そうしてIBAに入会。早速IBAというものを知ろうと、IBAトップページを開きました。
そこで最初に視聴した2つの動画でIBAカリキュラム全体の流れを頭に叩き込み、同時に 自分がネットビジネスの世界に足を踏み入れたということを実感、そしてこれから触れる 新しい世界にワクワクを抑え切れませんでした。

そんなワクワク感を持ちつつ早速「インターネット基礎スキルチェックシート」へのチェックを実施、ここで初めて私がかつて転売ビジネスで大失敗を犯した原因を知ることにな るのです。

「インターネット基礎スキルチェックシート」とは、IBA参加者全員が必ずすべきチェックシートです。自らのインターネットに関する知識がどれほどのものかが如実に判明するシートとなっています。

ネットビジネスの基本がほとんど身についていない・・・
IBAは、数あるネットビジネスの基本となる知識や技術を身につけ、参加者が自分でお金を稼ぎ出すことでそれぞれの持つ夢や目標を達成させることを目的としています。

その第一歩として、25項目からなる「インターネット基礎スキルチェックシート」全て にYesと答えることができるようになることが求められるのです。

ところが私が自信を持ってYesと答えることができた項目は、わずか3つ・・・後の22 項目にはYesと答えることができませんでした。

そうです!ネットビジネスの土台すらできていない私が、転売ビジネスに挑戦したところで稼ぐことなどできるはずがなかったのです!!

衝撃の事実を知ることになり愕然としましたが、それ以上に自分の現状を知ることができ たこと、そして成長への道筋が見えたことの喜びがとにかく大きかったのです。

改めて、このIBAでネットビジネスの基本を徹底的に学ぼうと固く決心したのでした。

ネットビジネスの基本を習得、趣味で稼げるようになった
かつて、あまりにも安易に気軽に転売ビジネスに参入してしまった自分を恥じ、私はIBA でネットビジネスの基本を徹底的に学ぶ覚悟を決めたのでした。

そうして、平日の会社からの帰宅後はもちろんのこと、仕事中でも合間を見つけては動画 を視聴し、着実に知識を身につけていきました。

IBAの動画は数十本にも及び、それぞれの章ごとに極めて重要なポイントを短く簡潔にま とめられています。

IBA参加者全員が必ず見るべき「基本コース」、会う人に好印象を与えるテクニックを教 える「心理学コース」、不用品販売や、アフィリエイトなどの「即金コース」などなど・・

私の場合、登山系のブログから情報発信、コンテンツ制作、アフィリエイト等で稼ぐ知識 と技術を身につけることを目標に定めたので、そのために必要な動画を繰り返し視聴しま した。

当然、私の目標達成に必要な動画は全て揃っています。まるで階段を一歩ずつ登っていくかのように、少しずつ着実に学びを積み重ねて行くことができたのです。

しかし、動画を見るだけで成長するなんてことはあり得ません。

動画視聴というインプットをしたならば、アウトプットをする。そのために書く動画ペー ジにはコメント欄が設けられており、そこに学んだことを書き込むことができるようになっています。

そして、動画で教えられたことは全て忠実に実践する。

そうして平日は本業を終えて帰宅後に1~2時間、土日祝日はほぼ丸一日、IBAの学習に費やし、あっという間に30日が経過しました。

ネットビジネスの基本的な知識や技術は、30日をかけて私の脳みそにしっかりと染み込ませましたが、何よりもマインド面で得たものがものすごく大きなものに感じました。

ネットビジネスに関する、いやそれ以上の面で大きく成長を遂げた私。
多少の壁にぶち当たることはあったものの無事私自身の登山ブログを立ち上げることに成功。IBAで学んだ文章作成技術を生かして毎日記事を更新しています。

ブログの読者数の獲得にも成功し、コンテンツ制作やアフィリエイトで月10万円程度の収入を得ることに成功しています。

月10万円の収入はまだまだ低い金額ですが、何よりも自分の趣味である登山で稼ぐことができるようになったという点が、これまでの人生で最も大きな喜び、そして進歩だと思うのです。

「お金は会社から貰うもの、成長とは会社で認められて出世すること」

IBAはそんな私のかつての考え方を完全に覆してくれたのでした。

私がIBAで学んで稼げるようになった理由
ここまで読んでいただいたあなたは、もうお分かりでしょう。なぜ、私がIBAで学ぶことで稼げるようになったのか。

それは、IBAの動画教材が、他のどんな高額情報商材よりも極めて高いクオリティーを持ったものであるためです。

先ほども言ったように、かつて私は転売ビジネスに手を出したことがありました。実はこのビジネスを始めるにあたり、転売ビジネスの情報商材を購入していたのです。

価格は30万円でした。

隅から隅まで、しっかりと読破し、可能な限り教材に忠実にビジネスに取り組んだのですが、結果は大失敗。

情報商材費30万円を回収するどころか、5万円の利益すら出すことができなかったのです。

もちろん、この情報商材のせいで稼げなかった!などというつもりはありません。実際にこの情報商材で莫大な利益を上げている人はいるのですから。

ただ残念ながら、IBAのそれと比べると、情報商材としての質があまりにも違いすぎるのです。IBAの商材と比較すると、かつて私が購入した30万円の情報商材は、まるで小学生の絵日記のようなものです。
私が、月30万円の利益を出すことができるようになったのは、はっきり言って私の実力でもなんでもありません。ただただIBAに導かれたに過ぎないのです。

あなたの好きなこと、趣味は何ですか?

それをあなたの本職にしてみませんか?もしあなたが本気でそんな夢を叶えたいのならば、IBAが導いてくれるはずです!私でもできたのですから!
固形タイプ

つまり、基本的には液体タイプを使用し、チョークバッグにはカットした固形タイプのチョークを入れておきます。

そうすることで、粉末の飛散を最小限に抑えることができ、しかもより適量のチョークを手につけることができるようになるのです。

また、固形タイプのチョークは比較的安価であるため、経済的にも優れたセットです。

IBAでネットビジネスの成功体験を得るには?

現在のIBA会員数は約1300名。もちろんネットビジネスの初心者ばかりです。

ただ、今の世の中、老若男女誰もがネットに繋がっている時代です。ネットビジネスに挑戦しようという人たちが後を絶ちません。

よほど幸運に恵まれているか、ごく一部の天性のビジネスセンスを持っている人でない限り、ネットビジネスの初心者は必ずと言っていいほど失敗します。

そう!かつての私がそうだったように。

そこで、そんな人たちを1人でも無くすために、可能な限り多くの人に、IBAでネットビジネスの基礎を身につけてもらいたい。

IBA主催者のそんな熱い想いから、現在IBA新規入会者を増やすキャンペーンを実施中です。

どんなキャンペーンか?

何と、キャンペーン開催中に入会した方の初月の費用は300円!

缶コーヒー3本分にも満たない値段で、丸1ヶ月ネットビジネスの基礎を学ぶことができるのです。しかも退会も全くの自由!

その気になれば、300円で入会して、1ヶ月間みっちりとネットビジネスの基礎を学んで、1ヶ月後に退会、なんてことも可能です。

ネットビジネスの基礎さえ身につければ、その後あなたがどんな情報商材を購入しようと、どんなネットビジネスに挑戦しようと自由です。

基礎を身につけることの大事さは、今の私を見ていただければわかるはずです!

ネットビジネスどころか、パソコンすらろくに扱えなかったガテン系の現場監督が、たったの数ヶ月で月30万円のブログ収益を叩き出すようになった!そんな今の私を見ていただければわかるはずなのです。
とはいえ、このキャンペーン、いつ終了するかはわかりません。

明日突然終了するかもしれませんし、あと2〜3週間続くかもしれません。キャンペーン終了後の料金は14,800円/月

もしあなたが、家族の誰にも知られることなく、ズボンのポケットに眠る小銭だけを支払ってネットビジネスの基礎を身につけたいのならば、そして今の会社を辞めて自分の好きなことで一生稼ぎ続けたいのならば、この大チャンスを逃さないでください。

そんな大チャンスへの入り口はこちら

ハイキングツアー参加ご予約・お問い合わせ

ハイキングツアーへの参加に関するご相談はお気軽にご連絡ください。
2021.07.14

登山ブログで月30万円の安定収入を得る私が参加した超おすすめプログラムとは?

登山ブログで月30万円の安定収入を得る私が参加した
超おすすめプログラムとは?
こんにちは!登山家の松浦です。
現在、登山家として活動している私。いわばプロです。

とはいえ、誰もが尊敬の眼差しで見るような登山実績があるわけではありません。海外の山に挑戦したこともなければ、登山ガイドでもありません。

そんな私が登山家としてプロとして活動できている理由・・・

今回そんな私のトップシークレットをあなたに暴露しようと思います。

いち早くトップシークレットの中身を見たい方はこちら

なぜか?

それは、ほんの3分だけ時間をとって、この記事をササ~っと読んでいただければ、私が登山のプロとして活動できる秘密を知ることができます!

もしあなたが、登山家として・・・いやいや登山である必要はありません。

野球でも、サッカーでも、ゲームでも、ギターでも、はたまた好きな漫画でも何でもオッケーです。

好きなことで生計を立てる!そんな夢を見ているならば、この先を読んでみてください。

ひょっとしたらこの記事が、あなたの人生のターニングポイントになるかもしれませんよ!

それではどうぞ!

おすすめブログ収入獲得方法1 なぜ私が登山プロになれた?

突然ですが、「登山家」というとどんな人を思い浮かべますか?

・山岳小説を書く人
・海外の8000m級の山々に挑戦する人
・登山ガイドで生計を立てる人
・山岳雑誌の雑誌記者、編集者
・山岳風景を専門に撮る写真家

・・・といったところでしょうか。

ここに該当する人たちは紛れもなく登山家ですし、中には大金を稼ぐ人もいると思います。

努力を重ねて、80歳という高齢でエベレスト登頂を果たした三浦雄一郎氏が有名ですね。
三浦雄一郎氏についての記事はこちら

「余命3年を宣告された80歳の三浦雄一郎がエベレスト登頂を果たした秘密」
「歩くだけで30歳若返り!三浦雄一郎式トレーニングとは?」

実は、私も登山のプロとして生計を立てており、毎月30万円の安定収入を得ています。とはいっても、私は先ほどの登山家の例のいずれにも当てはまりません。

秘密を知りたい方はこちらを確認

自身の登山ブログを立ち上げて、そこからの収入を得ています。今あなたが読んでいる、まさにこのブログのことです!

これまでにない新しいタイプの「プロの登山家」というわけです。

[あなた]
何だよ!ただのブロガーの自慢かよ!どうせ俺はただのサラリーマンだよ、ケッ!

いえいえ、そうではありません。

もちろん、私が今好きなことで生活ができているという状況は本当に幸せですし、自慢したいくらいです 笑

ここでちょっと想像してみてください。

でも、もしあなたがパソコンが得意でなくても、ブログなどやったことがなくても、本業が忙しくて休日は家でゴロゴロしているだけでも、自分の好きなことで毎月30万円以上の安定収入を得ることができるとしたら・・・・

こんな幸せなことはない!と思いませんか?

実は、私ももともとはただのサラリーマンで、毎日毎日電車に揺られて通勤し、上司にドヤされて、迫り来る納期と格闘し、神経をすり減らす毎日でした。

毎週日曜日の夜がとてつもなく憂鬱になってしまう「サザエさん症候群」という病気を聞いたことがありますが、私がまさにその典型的な患者でした。

そんな忙しい毎日の中の唯一の楽しみ、それが月2回か3回行なう登山でした。

毎日登山ができたらどれだけ幸せだろう・・・何度そんな妄想をしたかわかりません。

そんな夢のような生活を実現するには・・・宝くじを当てる以外あり得ない!

心の底からそう信じて疑いませんでした。
私と小説「神々の山嶺」との出会いは、原作者である夢枕獏を経由したものでした。と言っても別に原作者に直接お会いできたわけではありません。

約10年前、当時ビジネスマン向けに発行していた月刊誌「KING」で、夢枕獏氏は自身の旅行記の連載を持っていました。わずか2〜3ページの短い連載ページでしたが、その文章は知性に溢れ、ユーモアセンスに富み、人を惹きつけるに十分な魅力を持ったものでした。

[わたし]
なんでもいい!この人の著書を読んでみたい!


そんな強烈な願望を持ち、すぐにyahooで夢枕獏氏の著書を調べてみました。数々の小説タイトルがヒットしましたが、ジャンルに偏りはなく、オカルト、SF、時代物、格闘技と多岐に渡っていました。

そんな中で一際私の目を引いた小説が「神々の山嶺」だったのです。夢枕獏氏の代表作ともいうべき作品とあり、何よりも私自身が登山にのめり込み始めた頃だったということもありました。

数日後の仕事帰りに、大阪は梅田の大型書店「紀伊国屋」へと立ち寄り小説コーナーを物色するとすぐに発見、分厚い単行本の「神々の山嶺」が上下巻に別れて陳列されていたのです。

1ミリも迷いことなく、ただちに上下巻を手にしてレジへと走り、ウキウキ気分で帰路につきました。

その日はちょうど金曜日。再び出勤する日までの2日間、私は「神々の山嶺」の世界に没頭することとなったのでした。

おすすめブログ収入獲得方法2 IBAとの出会い

そんなある日、ふと1つのメルマガに目を奪われたのです。

(私は、いくつかのメルマガ会員になっており、ほぼ毎日自分の受信トレイに入ってくるメルマガを読むことが、毎日の習慣になっていました)

インターネットビジネスアカデミー? IBA?

これまで「1クリックするだけで10万円稼げる」だの「毎日1時間の作業で50万円があなたの口座に」だの、これをやるだけで稼げますよ系のメルマガは、飽きるほど見てきました。

だから、またその類いか・・・とササ~っと流して読んでみたら、これまでのものとは何かが違うのです。

・ネットビジネスを基礎から学ぶ?
・好きなことで稼ぐ?
・稼げるかどうかはあなた次第?
稼ぐということを前面に出さずとにかくネットビジネスの基礎を学べ!とまるで叫んでいるかのような力強い文言で書かれてあったのです!

"ネットビジネスの基礎さえ身につければ、あなたの好きなことでお金を稼ぐことができる!"

その一文が私の心を捉えて離しませんでした。この一文からある思いが、まるで矢のように私の頭にズバッと突き刺さったのです!

[わたし]
もしかして、ネットビジネスの基礎を身につければ登山で稼ぐことができるんじゃないか!?

今でもはっきりと覚えていますが、その瞬間全身がザワッと鳥肌が立ったような感覚になったのです。しかし、すぐにこう思い直しました。

[わたし]
でも、ネットビジネスを基礎から学べる情報商材など高額に決まってる・・・

かつて似たような情報商材がメルマガで紹介されていました。ところが、その情報商材の価格は49万8千円・・・とてもすぐに決断できる金額ではありません。

しかし、このIBAは何と・・・300円!?えっ?

びっくりして、もう一度そのメルマガを読み直すと・・・

なるほど、初月が300円で次月からは14800円、ただしいつでも退会可能、とのことでした。

で、私はこう思いました。ちょっとズルいかもしれませんが・・・

[わたし]
これだったら、300円だけ払って1ヶ月間しっかりと学んで知識を吸収した後に退会すれば、たった300円の投資で済む!

ネットビジネスの基礎を身につけて登山で稼ぐ!

この先に待つそんな生活を夢見て、早速IBAに応募してみました。
以前、山に”似合う”車ということで記事を書いたことがありました。

「山に”似合う”車とは?雰囲気重視の車選び」

登山をするために「便利な」ということではなく、山に合う車は何か?ということで
私がシェアした車がミニクーパーでした。

街乗りのイメージが強い車ですが、実はかつてラリーで優秀な成績を収めたこともある
悪路にも強い、とてもパワフルな車なのです。

しかも、小さいボディーにも拘らず内装は広く、登山で使う程度の荷物ならば楽々入ります。
さすがに車中泊はちょっと辛いのですが、それは外にテントを張って解決!

まるで自分の相棒のような、親友のようなミニクーパーが最も山に似合う車と思っています。

おすすめブログ収入獲得方法3 登山ブログでプロデビュー

1ヶ月以内にネットビジネスの基礎を習得し、すぐに退会するつもりだった私は、すぐにIBA会員専用サイトにアクセス。早速動画を視聴したのです。

動画の概要はこちらを確認

ところが、そこで目にしたのは、あまりにも充実した専用動画の数々。世の中に出回るありとあらゆるネットビジネス全てに通ずる基礎が網羅されていたのです!

[わたし]
ここの動画すべてをちゃんと身につけたら、ネットビジネスの専門家になれるんじゃないか!?ほんとに300円でこんなにも学んでいいのか?


そんな思いすらよぎってしまうくらい安価(たったの300円!)で、そしてそれぞれの動画は、あまりにも重厚な内容なのです。

とはいえ、本格的に動画で学ぶ前に、まずはどんなネットビジネスに取り組むかを決めなくてはなりません。

私は迷わず、ブログを立ち上げてアフィリエイトやコピーライティングで稼ぐ道を選びました。ブログはもちろん登山ブログです!

もともと文章を書くことが好きな私。大好きな登山をしながら、好きな文章を書いて稼ぐ!

こんな夢のような生活が、たった1ヶ月の勉強で手に入るのです!私のテンションはこれ以上ないくらいに上がりました。

それからの私は、とにかくIBAの講座に夢中でした。仕事が終われば、まっすぐ家に帰って食事もそこそこにすぐに動画を視聴。

動画の概要はこちらを確認

学ぶこと全てが新鮮で、とにかく興味深いものでした。何よりも、学ぶすぐその先に目標が見えているのです。モチベーションは上がりっぱなしでした。

そんなこんなで1ヶ月が過ぎ、その間、自身の登山ブログも立ち上げて、いよいよ初アフィリエイト!

結果はすぐに訪れました。私のアフィリエイトですぐに3万円が私の口座に入金されたのです。

私が登山プロとしてデビューした瞬間でした。

それ以降も順調に稼ぎ、今では毎月30万円の安定収入があります。

ブログ収入で稼ぐためのおすすめプログラムで基礎を学ぶ!

あなたに質問します。

・あなたの趣味は何ですか?
・あなたは休日は何をしていますか?
・あなたにもしたっぷりと暇な時間があれば、どんなことに挑戦してみたいですか?
・あなたの子供の頃の夢は何でしたか?

想像してみてください。

質問に対するあなたの答えが何であれ、もし、その答えがあなたの本職になったとしたら・・・あなたの人生はこれ以上ないくらいに輝くのではないでしょうか?

[あなた]
何いい歳して、何夢見てんだか・・・現実を見なくちゃ!

もちろん現実は大事ですし、私も現実を見ています。しかし、私はIBAでネットビジネスの基礎を学ぶことによって、夢を現実にすることができたのです!

かかった費用は実質たったの300円(私の場合)。期間は1ヶ月。そして家族の誰にも知られることなく、ネットビジネスの基礎を学び、月30万円の安定収入を得ることができるようになったのです!

もしあなたが、今の生活を変えることなく誰にも知られることなく、ネットビジネスの基礎を学び夢を実現させたいのならば、ぜひIBAを試してみてください!

登録はこちら
固形タイプ

つまり、基本的には液体タイプを使用し、チョークバッグにはカットした固形タイプのチョークを入れておきます。

そうすることで、粉末の飛散を最小限に抑えることができ、しかもより適量のチョークを手につけることができるようになるのです。

また、固形タイプのチョークは比較的安価であるため、経済的にも優れたセットです。

最後に

ボルダリングには欠かせないチョーク。しかし、それはあくまでもサポートアイテムです。
チョークを使うからと言って、ボルダリングが上達するものでもありません。

ボルダリングに挑戦する上で大事なことは、いろいろあります。
腕の筋力、握力、高所への恐怖の克服、バランス感覚・・

しかし、最も大事なことは、ボルダリングを楽しむことだと思うのです!

多くのクライマーがチョークを使いますが、だからと言って絶対にチョークを使わなければならないというわけではありません。
ごく稀に
[あなた]
オレはほとんど手に汗をかかないから、チョークはいらないんだ!

という人もいるくらいです。

必要な時に適量使う!

チョークに頼りすぎず、このことを念頭に置いて、ボルダリングに挑戦することをおすすめします!

ハイキングツアー参加ご予約・お問い合わせ

ハイキングツアーへの参加に関するご相談はお気軽にご連絡ください。
2020.02.07

山で稼ぐ方法についての記事をまとめました

山登りは自分との戦いですが、そこから得られるものも大きいです。


「山で稼ぐ」ことに関しての、過去の記事をピックアップしました。
山で稼ごう!というときにぜひ参考にしてください。

会社を辞めてパーティー登山の真髄を知った
登山ブログで証明!私のネットビジネス成功の法則とは?
登山ブログで月30万円の安定収入を得る私が参加した超おすすめプログラムとは?