2020.05.19

特急列車歴史探訪ツアー

特急列車歴史探訪ハイキングツアー

冒険心というスパイスを加えたハイキングツアー

ゴールデンウィークが終わって2週間、寒すぎる冬と暑すぎる夏の丁度ど真ん中にある心地よい気候の中、あるハイキングツアーを開催しました。

ハイキングの舞台は、かつて特急列車が走っていたという四方が山で覆われた線路であり、私は今回のハイキングツアーを「特急列車歴史探訪ツアー」と名付けました。

線路の上を歩く、という経験はそれだけで何か特別な旅をしているような錯覚を憶えさせます。映画「スタンド・バイ・ミー」の中で、不良小学生4人がある事情から死体探しの旅に出て線路をひたすら歩くというあまりにも有名なシーンがありますが、もしかしたらそのシーンが私の脳裏に焼き付いるせいなのかもしれません。
特急列車歴史探訪ツアー
もちろん今回のツアーは死体を探す目的などなく、歩きながら自然を堪能し参加者同士の交流を深めることが目的ですが、線路を歩くという行為は、単なるハイキングに冒険心という絶妙なスパイスを与えてくれるはず!

今回ハイキングに参加されたのはこんな方々です。

カールさん(旅行業、バー経営)、小藪さん(土木業)、真田さん(会社員)、高津さん(囲碁棋士)、山下さん(保険営業)、山森さん(整体師)、松浦(主催)(五十音順)

ツアーはJR福知山線武田尾駅から始まります。集合時間を朝の10時30分に設定、私は少々早くに到着しましたが、すでに参加者数名がハイキングの開始を今か今かと待ちわびているようでした。

定刻になり、参加者6名と私を含め7名全員が無事集合。2名ほど欠席者が出ましたが、事前に連絡があったため問題なし。主催者としての簡単な挨拶を済ませ、いよいよハイキングツアー開始です!

さて、ハイキングはありふれたアスファルトの道から始まります。かつて特急列車が走っていた線路、とはいえそれは数十年昔の話。今はハイキングコースとして立派に整備され、とても歩きやすくなっています。
特急列車歴史探訪ツアー
廃線と聞いて「スタンド・バイ・ミー」の世界観をイメージしていたならば、若干拍子抜けかもしれませんが、これも時代の流れですね。

とはいえ、ものの5分も歩けばコースはアスファルトから山道を彷彿とさせる土の歩道へ。ここから自然を満喫するハイキングコースらしくなってきます。
特急列車歴史探訪ツアー

特急列車の歴史に思いを馳せる

普段の通勤や通学で乗るような在来線はともかくとして、特急列車の旅行が好きな方は特急に乗車することの楽しさをよく知りますが、それ以外に車窓からの景色の素晴らしさもよく知っています。

「世界の車窓から」というとても有名な番組があります。世界各地の車窓からの眺めと共にその車窓を眺める乗客の人生模様を心地よい音楽とともに紹介した番組であり、まるで私が実際にその列車に乗って車窓からの景色を眺めているかのような心地にさせてくれます。
特急列車歴史探訪ツアー
車窓からの眺めの素晴らしさは、列車の心地よいスピード感もそうですが、何よりも人の手が入らない自然に満たされた景色の素晴らしさが大きな要因です。

今回のハイキングは、かつて特急列車が走っていたルートをそのままたどるもの。もちろん、ハイキングしやすいように道は整備されていますが、道の脇に残されたかつての線路や枕木、極限まで錆びついた鉄製の足場、真っ暗なトンネルにかつての面影を感じることができます。
特急列車歴史探訪ツアー
何よりもかつての特急列車の車窓が、そのままハイキングの景色になる点にたまらない魅力を感じることができるのです。

私たち7人はそれぞれ好き勝手に雑談をしながらも、そんな特急列車が残した歴史に思いを馳せ存分にハイキングを楽しんだのでした。

ハイキングで判明した特急列車の様子

今回のハイキングでとても印象深かったことがあります。それは、ハイキングコースとなったかつての軌道が、特急列車が走っていたにしてはあまりにも狭く、車両がギリギリ通れるくらいの幅しかないということ。
特急列車歴史探訪ツアー
上下線の特急列車が走っていたとは考えられず、単線であったことは間違いないが、そんなギリギリの幅しかなかったであろう軌道を走っていた特急列車からの眺めは一体どんなものであったのか。

列車の窓から手を伸ばせば簡単に届いたと思われる山の岩肌。今でこそ無秩序に伸びきった枝葉で覆われているが、当時は目の前に迫る岩肌に恐怖を覚えた乗客もいたのではないかと想定できます。たぶん。

向かいの車窓から見えるのはまさに絶景。美しい渓流の流れと緑に覆われた山の景色は、きっと見る者を大いに楽しませたはずであり、景色を眺めながらの駅弁はより一層美味しく感じることができたことでしょう。

ハイキングコースとなった今、特急列車から眺めるようなスピード感を感じることはできなくなりましたが、かつて車窓から眺めた景色は今も健在、私たちを大いに楽しませてくれています。

やがてゴールへ

特急列車歴史探訪ツアー
さて、大いに自然を堪能し、歴史を感じ、子供の頃の冒険心を取り戻したハイキング。息切れしない程度の心地よい疲労感、心地よい火照り感、そして少々我慢の限界を超えた空腹感を身体に感じならが、私たちはJR福知山線生瀬駅近くのゴール地点にたどり着いたのでした。

ソロ登山が活動の中心である私にとって、自然の中を歩くというのは自分との戦いでした。しかし、今回は6名の素敵な参加者の皆様と特急列車の歴史に思いを馳せながらのハイキング。

ソロ登山で得られる達成感や満足感に及ぶべくもありませんが、今回のハイキングで私が得たものは、ソロ登山では決して得ることができなかったものでした。

それは心を許した仲間との楽しい時間であり、気持ちの繋がりであり、そして歴史に思いを馳せる崇高な時間の共有だったのです。

登山とは全く別の満足感を心に感じながら最後のあいさつを済ませ、私たちは空腹を満たすべくレストランへと続く現役の特急列車に乗車したのでした。

ハイキングツアー参加ご予約・お問い合わせ

ハイキングツアーへの参加に関するご相談はお気軽にご連絡ください。
2020.05.10

かつての車窓を実際に歩くハイキングツアー

特急列車歴史探訪ハイキングツアー
コロナ騒動が勃発してもう3ヶ月。正直言って、もう家の中に閉じこもる生活はウンザリです・・・

もちろん感染拡大を防ぐために、不要不急の外出を控えるのは正しいこと。それについては何の文句もありませんし、実際私もよほどの用事がある場合を除いて、外出を控えていました。

そんなことはわかっているのですが・・・このままではコロナ感染以前に精神的に追いやられてしまう!

せめて期限があればそれを目指して耐えることもできるのですが、いくら感染防止のためとはいえ、もうこれ以上期限のない外出自粛になど耐えられそうもない!

それに・・・本来であれば、今の時期は一年を通してハイキングに最も適した季節、そして長く辛い冬を乗り越えてようやく美しい自然を存分に楽しむことができる季節なのです。

そんなわけで、関西在住の方限定でJR福知山線廃線ハイキングツアーを開催いたします。

国鉄の時代、山間を縫うように走っていた特急列車の単線が廃線となり、そのままハイキング用に整備されたコースです。もちろん、人並み以上の体力など必要ありません。

・ゴールデンウィークに外出自粛してどこにも出かけなかった方
・家の中に閉じこもってストレスが溜まっている方
・軽―く身体を動かして気分転換を図りたい方
・自然を愛してやまない方!
・zoomではなく、リアルで人との交流を図りたい方

そんな方々のご参加、お待ちしております!!
ツアー詳細を以下にお知らせいたします。

日程   
2020年5月17日(日)AM10:30

コース
JR福知山線武田尾駅〜生瀬駅(廃線コース)

集合場所 
JR福知山線武田尾駅


持ち物  
水筒・タオル・雨具・貴重品・その他ご自身が必要と思うもの・それらを入れるリュックサック

服装
動きやすい服装、スニーカー、帽子

参加費
0円(食事代別途)

ハイキングツアー参加ご予約・お問い合わせ

ハイキングツアーへの参加に関するご相談はお気軽にご連絡ください。
2020.03.14

アツアツきつねうどんを山頂で味わう登山ツアー

アツアツきつねうどんを
山頂で味わう登山ツアー
食事を美味しくする要素って何かわかりますか?もちろん、料理の素材や味付けなどもすごく重要ですが、それ以外の要素が極めて重要なのです。その要素を3つに絞ると「空腹感」「雰囲気」「楽しい会話」になります。

「空腹感」が重要なのは当然。どんなに美味しい料理でも空腹を感じていないと美味しいとは感じません。

「雰囲気」も当然重要です。落ち着いた空間、心がホッとする空間、ワクワクするような空間での食事はより美味しく感じるもの。ホテルの高級レストランが最上階にされているのもそんな理由からです。

そして「楽しい会話」です。一人暮らしの自宅で食べるたった1人の食事は、なんだか味気なく感じるもの。大勢・・・ではなくとも2人か3人でも会話とともに楽しむ食事は、それだけでより美味しく感じます。

これらの3大要素を全て取り入れたランチを提供できる!としたら、あなたは興味ありますか?

その答えがYESならば、このツアーに参加してみてください!

はじめに言っておきますが、このツアー決して楽ではありません。タイトルにある通り、このツアーは登山がメインテーマの1つなので、参加する方々には山に登っていただきます。

ただ、決して辛く苦しいだけではないことは、お約束いたします。自然の穏やかで澄んだ空気に満ち溢れた山の中をワイワイと騒ぎながら歩き、その結果訪れる空腹感を優しく満たすアツアツのきつねうどんを山頂でご提供!山頂からの景色を眺めながら食べるきつねうどんは、先ほどの3大要素を完璧に満たした至高の逸品であることをお約束いたします。
では、ツアー詳細を以下にお知らせいたします。

日程   
2020年4月3日〜4月30日までほぼ毎日実施!!
(まずはご連絡ください)

登山コース
①新神戸駅から摩耶山頂の展望台に至る初心者コース
②JR湖西線和邇駅から権現山に至る初心者コース
(いずれのコースかをお選びください)

集合場所・時間 
①新神戸駅にAM9時
②JR湖西線和邇駅にAM8時30分

持ち物  
水筒・タオル・雨具・貴重品・その他ご自身が必要と思うもの・それらを入れるリュックサック

服装
動きやすい服装、登山靴もしくはそれに準ずる防水性の歩きやすい靴、帽子

参加費
5000円(うどん代込み)

*1名様でもご参加いただけます。
*雨天時は延期もしくは中止になります。
*1日当たりの最大参加人数は3名とさせていただきます。

ツアーレベル
体力度:
技術度:

登山ツアーご予約・お問い合わせ

初心者歓迎!登山ツアーへの参加、山登りに関するご相談はお気軽にご連絡ください。
2020.03.14

コロナ騒動でレジャー難民となってしまったあなたへ

コロナ騒動で
レジャー難民となってしまったあなたへ

コロナの影響を受けない最高のテーマパークで過ごす最高の休日

世の中コロナコロナでもう大変!自粛モードでどこに行っても休館、中止、延期、そして営業停止ばかり。街中を歩こうにも人が少なく、何か活気というものがない・・・

確かに家でゆっくりと休めるチャンスではある・・・が、閉じこもってばかりでは鬱憤が溜まってしまう・・・いくら家でゴロゴロしていても何かつまらないし、かえって気力が落ちてしまい、休み明けの仕事にも影響が出てしまう。

・・・とお悩みのあなた!こんなご時勢でも充実した休みを過ごしたいというあなたには、山に行ってみることをオススメします。

各地で行われるライブやコンサートも中止、そしてディズニーランドやUSJのような大型テーマパークですら営業停止の中、どんな事態にも時勢にも負けず多くの人を受け入れる山。

そこでやることは実にシンプル!ただ坂道を頂点に向かって歩くだけ。

つまらないし、しんどい・・・と思いますか?

しんどい、というのは実はその通り 笑 運動不足の人には結構こたえます。でも、つまらないかというと、それだけは断固として否定します。たったそれだけのことで最高に楽しく最高に充実した時間が流れることは間違いない!

そして何よりも、山での出会いは人との交流を深める最高のチャンス!!

当協会のツアーでは、登山中のビジネス交流をしっかりバックアップ!最高の人間関係を築くお手伝いをいたします。

どんなガイドツアーよりも気軽に登れて
どんなガイドツアーよりも楽しく充実した時間を過ごし
山頂からの景色を眺めながら作りたての暖かいランチを食べる
そんな登山ツアーの詳細は以下の通りです。

日程     
随時開催→メールで連絡をいただければ、その都度お答えいたします。

場所     
兵庫県の六甲山系、滋賀県の比良山系奈良県の金剛・葛城のいずれかを予定

集合場所・時間
登山口近くの駅かバス停、時間は追って連絡

持ち物    
レインウェア、500mlの水筒、タオル、帽子、軍手、カメラ、それらを入れるリュックサック、その他各自で必要と思うもの

服装
動きやすい服装、帽子、登山靴もしくはそれに準ずる靴(防水加工が施されているものが望ましい)

ツアーレベル
体力度:
技術度:




「行くとこないし、ちょっと山でも行ってみようかな♫」

そんな気軽なご参加、お待ちしております!

ご友人やご家族の参加大歓迎ですが、最近はお1人様のご参加も増えております。もちろん大歓迎です!

登山ツアーご予約・お問い合わせ

初心者歓迎!登山ツアーへの参加、山登りに関するご相談はお気軽にご連絡ください。